節分

節分にいわしとヒイラギを飾る由来とは?また飾り方やいつまで飾るのか?

投稿日:


節分には玄関先にいわしの頭とヒイラギを飾るのが節分の風習です。

しかし何故この2つのものを飾るのか、曖昧な方に少しでもお役に立てれば幸いです。
<!--more-->

節分にいわしとひいらぎを飾る由来について

節分の時に何故いわしの頭とヒイラギを飾るのでしょうか?

この2つのものは玄関先に飾り鬼を追い払うためのものです。

いわしとひいらぎには鬼を追い払うためのどんな効果があるのでしょうか?

まずいわしについてです。

いわしの焼いた時の煙や匂いを鬼が嫌がるからだとする説が多いです。

しかしこれでは何でいわしなのかという答えにはなっていません。

またそれをそれほど鬼が嫌がるとも思えません。

そもそもいわしとはどんな魚なのでしょうか?

いわしは背中が青くお腹が白い、赤身の青魚です。

陸に上げると直ぐに弱って腐りやすい魚であることから、「よわし」から「いわし」に変わったという説もあります。

ですから腐ってしまったいわしを鬼に食べさせて鬼のお腹を壊すという狙いもあるかもしれません。

またプリン体が多く、食べすぎると痛風になる可能性もあることから、いわしを食べさせることによって鬼の体を弱体化させる狙いがあるのかもしれません。

次にヒイラギです。

ヒイラギの葉にはトゲがあり防犯目的で生垣に使用されたりしています。

また古くから庭の表鬼門(北東)にはヒイラギ、裏鬼門(南西)には南天の木が植えられてきました。

表鬼門の方角である北東は鬼が出入りする方角とされているからです。

またヒイラギの花言葉は「用心深さ」と「保護」です。

これらのことから節分の時に家を鬼から守るにはかなり効果を発揮しそうな木であることが分かります。

スポンサーリンク

いわしの焼いた匂いにつられてやってきた鬼をヒイラギの葉でやっつけるという意味があるのではないでしょうか。

ちなみに鬼のはいているパンツの色ですがなぜあの色なのでしょう。

それは鬼が出入りする方角である北東というのは十二支で言うところの「丑(うし)」「寅(とら)」に当たります。

あのパンツは寅を現していたんです。

また頭には牛と同じように角もあります。

節分の時のいわしとヒイラギの飾り方について

柊鰯(ひいらぎいわし)の飾り方はヒイラギの枝に鰯の頭を刺して吊るすだけです。

枝をいわしに刺すときにいわしの目玉を貫通させるように刺します。

こうすることで鬼を威嚇しているのです。

家に入ってきたら「ヒイラギの枝で同じように刺してやるぞ」という感じです。

出来れば飾る方向も鬼が出入りする方角である北東がいいと思います。

上手く玄関が北東にあればいいのですが。

節分にいわしとヒイラギはいつまで飾っておくのか?

この柊鰯ですがいつまで飾るのが正解なのか、説も色々あります。

節分の翌日までのところもありますし、数日飾るところもありますし、雨水(うすい)まで飾るところもありますし、2月いっぱいまで飾るところもありますし、翌年の正月飾りを飾るときまでのところもあります。

柊鰯は鬼を追い払うためのものなので1年中飾っておいてもいい物なのかもしれません。

しかしその効果を最大化させるには時々新しいものに変えた方がいいかもしれません。

まとめ

節分は季節の変わり目です。

体調も崩しやすくなっています。

柊鰯を飾って悪いものを追い払いましょう。

関連記事です。
節分の豆のまきかたは?後ろに投げるのはなんで?風水的にはどっちに?

スポンサーリンク

-節分
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恵方巻きの具材の7種とは?またその意味やおすすめのネタは?

恵方巻きというのは関西から伝わってきたものですが、最近では関東でも多くの方が食べるようになってきました。 スポンサーリンク 節分には当たり前のように店頭に並ぶようになった恵方巻き。 恵方巻きについて少 …

巻き寿司の巻き方の簡単な方法は?また細巻きや切ったとき花にするには?

節分の時に恵方巻きを食べることもだいぶ一般的になってきました。 皆さんは節分の時に食べる巻き寿司はどうされていますか? お店で購入する方もいると思いますが、ご自分で作ってみようかと思っている方に少しで …

節分で巻き寿司はいつからか?その由来や食べる時の向きと献立

関東に住んでいるものからすると、節分には豆を蒔いて鬼を追い払うことが一般的だったのが、いつのまにか巻き寿司も食べるようになっていた。 と感じている方が多いと思います。 節分に巻き寿司を食べるようになっ …

最近のコメント