DIY

DIYで使う前に鉋(かんな)を調整するやり方

投稿日:2017年9月29日 更新日:

だいたいの材料は製材したままの状態で売られていることはなく、ある程度鉋はかけてあると思うので、自分で鉋をかけて仕上げをしなくても大丈夫だと思います。

しかし、もう少し鉋をかけたいと思った場合、先ずは鉋の台を調整しなければなりません。

鉋の台は季節や湿気などですぐに捻れてしまいます。

少し捻れるだけで鉋のかかり具合が全然違ってきます。

刃をかなり出していても全然削れません。

しかし、上手く調整が出来ていれば面白いように鉋のクズが出てきます。

鉋も色々ありますが初心者でも扱いやすい替刃式の鉋を使う方がいいでしょう。

そうでないと鉋の刃を研ぐのもまたコツが要りますから。

大工さんでも上手く研ぐのは難しいです。

ですので、始めは替刃式のものを使ってみましょう。

しかし、台の調整は必要です。

スポンサーリンク

DIYで鉋を使う前にまず鉋の台を調整する

先ず、台をまっ平らにします。

そこで用意しておくといいのがガラスの板です。

出来れば15ミリ以上の厚みのものがいいです。

私は東急ハンズで買いました。

なぜガラスを使うかというとガラス面というのが平だからです。

その平らなガラス面を使って鉋の台を平らにしていきます。

まずガラス面にホームセンターで購入したロール式のペーパーを張り付けます。

 

ペーパーの目の荒さは♯100くらいのものがいいです。

ペーパーを張り付けたガラスの上で鉋の台をこすります。

すると磨り減った部分が白くなっていると思います。


この白くなっているところは全て平らになっているということです。

下の図は鉋の台を下から見たものですが、赤い斜線のところが削れているようであればオッケーです。

 

次に台直し鉋というのを使います。

これが台直し鉋です。

台に対して直角に刃がついています。

下の図の青い斜線の部分を削ります。

スポンサーリンク

そのあと差し金を台に乗せて真ん中と刃の出る穴から先が空いているように見えるならば大丈夫です。

0.3ミリくらい透いて見える感じです。

この写真では空いているのが見えずらいです。

対角線にも差し金を当てて真ん中が空いているかを確認します。

ホームセンターで台直し鉋は売っていないと思うので頑張ってペーパーで削りましょう。

あとは図の赤丸の部分をノミを使って削ります。

 

鉋の台に刃をセットするときのやり方

台に刃をセットしましょう。

刃と裏座を合わせて差し込みます。

裏座は刃よりも1ミリくらい引っ込めて差し込みます。

刃をゲンノウで叩いて台からの刃の出具合を見ながら少しずつ叩いていきます。

もし刃が出過ぎてしまった場合は台のこの部分を叩くと刃が引っ込みます。

刃の出具合を台の後ろから見ます。

台の調整がうまくできていれば刃はそんなに出さなくても削ることができます。

出ているか出ていないかくらいで大丈夫です。

手で軽く触ってみて指に刃が引っかかるくらいにセットしてみましょう。

斜めに刃が出てしまうこともあります。

そんな時は刃の横をげんのうで叩いて台から刃が平均に出るようにします。

刃と裏座の合わせ具合を見て刃の方が1ミリくらい出ているように調整します。

裏座が引っ込み過ぎたときは裏座だけ少し叩きます。

台の調整が終わったらまずは違う材料で試しに削ってみましょう。

鉋のクズが刃の幅で出てくれば最高です。

鉋クズはその厚みが薄くかつ幅が広ければ広いほどいいです。

いい鉋クズは手で丸めたときにティッシュペーパーのように柔らかい感じがします。

 

余談ですが「削ろう会」という大会があります。

誰が一番薄い鉋クズを出せるのかを争う大会です。

腕に覚えがある全国の大工さんが集まってきてその腕を競います。

0.3ミクロンという薄い鉋クズを出せる大工さんもいます。

凄いです。

新聞紙に鉋クズを置いても普通に新聞を読むことが出来るそうです。

ここまでうまく削ることは出来ないと思いますが、触ってみてツルツルになっていれば上出来です。

スポンサーリンク

-DIY
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DIYで縁台を作るときの作り方【後編】

DIYで縁台を作るときの作り方【前編】から続きます。 スポンサーリンク 購入した材料に墨を付けます(ホームセンターでカットしてもらった際は不要)。 写真は墨付けした際の実際の材料ではありませんが、どの …

DIYするときにホゾを使って部材同士を組み合わせるやり方

DIYに慣れてくると「もっと本格的にやってみたい」と思う方も出てくると思います。 例えば縁台を作るときの束と大引きを接合するときには始めはそのままの長さでカットして L字金物などで接合するのがいいと思 …

DIYで作った縁台を塗装する

以前DIYで木製の縁台を作りました。 縁台とは家の外に置いてある休息や夏場の夕涼みなどに用いられる腰かけのことです。 自分で塗装もしたのですが、それからだいぶ時間が経ってしまい踏板も外れているところが …

アクセサリーをハンドメイドするための作り方で初心者向けの簡単なものや道具について

もともと物作りが好きで最近アクセサリーをハンドメイドしたいと考えるようになった。 スポンサーリンク 上手くできたらネットなどで販売してみたいとも思っている。 しかし何から始めたらいいのか全く分からない …

アクセサリーをハンドメイドするための作り方で初心者の場合には?ピアスを作るコツは?

前回の記事の内容はアクセサリーをハンドメイドするときに初心者が考えることについてでした。 スポンサーリンク 今回は実際に簡単なアクセサリーを作る手順を詳しく伝えていきます。 アクセサリーのハンドメイド …

最近のコメント