卒業・入学

小学校の入学準備の為の勉強はいつからするのか?おすすめは何か?

投稿日:

中学受験を考えている方にとっては、受験までの時期をどのように過ごすのかということがとても重要になってきます。

自分のお子さんが中学受験を控えている方に少しでもお役に立てれば幸いです。
<!--more-->

小学校の入学準備の為の勉強は必要なのか?

小学校に入る前から中学受験を考えている家庭もあると思います。

その為には小学校のテストの成績は常に100点を取るくらいでなくては受験も難しくなると思います。

そして中学受験の問題というのは学校で勉強するレベルを超えているというのが現状です。

ですから中学受験を考えている子供にとっては塾に通うことは必須です。

しかし、小学校の低学年から勉強、勉強と子供に言い聞かせることは逆効果になってしまいます。

そのため小さいうちは勉強することの楽しさを教えさせることが必要です。

勉強というのはなにも机の上でするものばかりではありません。

自然の中で新たな知識を学ぶこともあります。

本で見た情報が実際にどうなっているのかを見ることもとても勉強になります。

本で見たことがある動物や虫などの生き物はこういうところで生きているんだとか、川の流れとか風の音、小鳥の鳴き声、すべてを実際に感じることもとても勉強になります。

また遊びの中で勉強になることもたくさんあります。

例えば、自転車に乗る練習をする中でなかなか乗れなかった自転車にやっと乗れるようになった時の嬉しさを経験します。

紙飛行機を作ることで自分で作った物が実際に空中を飛ぶことに感動します。

山に登ることの大変さを実感して頂上から見たときの素晴らしい景色に感動します。

海で泳いで初めて海の水がしょっぱいということを体験します。

動物園に行って檻の中に入っている動物のことを可愛いと思うかもしれませんし、狭いところに入れられて可哀想だと感じたりするかもしれません。

また電車で出かけるときに何時の電車に乗れば目的地に着くのかなどを一緒に調べてみるということも勉強になると思います。

色々な経験をさせてあげることで知的好奇心がどんどん芽生えていきます。

それらの経験がのちに考える力を養っていくことにもなります。

そして受験に臨む為の土台が出来てくるのです。

小学校の入学準備はいつからした方がいいのか?

中学受験を考えているなら小学生の時から塾に通うことが有利になると思います。

中学受験のための大手の塾には「SAPIX」「日能研」「四谷大塚」「早稲田アカデミー」があります。

どこに進むにしても大切になってくるのが文章を読む力です。

スポンサーリンク

ですから本を読むことを好きになることが子供にとっては強い武器になってきます。

その為に最初はたくさんの本をお子さんに読み聞かせてあげることがいいと思います。

そして本は面白いんだということを教えてあげるのです。

徐々に自分でもっといろんな本を読んでみたいと思うようになってくるでしょう。

その習慣が付いてきたうえで4年生ころから上記の塾に通い始めるといいでしょう。

それまでは塾には通わせずに勉強というのは楽しいことなんだということを教えてあげた方がいいかもしれません。

勉強を本格的にさせるのはそれからでも遅くはありません。

無理に勉強させて勉強が嫌いになっては元も子もありません。

しかし行ってみたいのであればそれぞれの塾の特徴を調べるために夏期講習など短期で参加してみるのもいいでしょう。

それぞれの塾には色々な特徴があります。

塾の名前だけで選ぶのではなく子供に合った塾を選ぶようにした方が学力が伸びていくことになると思います。

小学校の入学準備のおすすめは?

子供にその気を起こさせるにはどうしたらいいのかということをもう少し考えてみます。

将棋界で前人未到の「29」連勝を達成した藤井聡太四段が一躍有名になりました。

人並外れた集中力の持ち主ですが、彼が通っていた幼稚園では自主性を重んじる「モンテッソーリ教育」を行っていました。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、Google創業者のサーゲイ・ブリン氏やラリー・ペイジ氏の2人もこの「モンテッソーリ教育」を受けていたそうです。

モンテッソーリ教育では自主性を重んじ、思いやりを持った人間に育てることを目的にしています。

先ずは子供に手本を見せてから同じようにやらせるのです。

言葉でやり方を説明はしません。

ですからしっかり見ていないと後で自分ですることは出来ません。

自然と集中力が身につきます。

また縦割りクラスにすることで小さい子供は年上の子供に世話をしてもらい、大きくなったら年下の子供の面倒を見るようになるということです。

このように学ぶための環境や生きるための環境を育ててあげることが出来ます。

お近くの「モンテッソーリ教育」を受けられるところを見つけて入園させるのもいいかと思います。

お子さんの素晴らしい才能を開花させるきっかけになるかもしれません。

まとめ

お子さんが小さい時にどのように過ごさせるのかということがとても重要です。

ご両親が一緒に遊んであげることも大切で、その中からたくさんのことを学んでいきます。

ご希望の学校へ入れるようにしっかりと準備を整えていきましょう。

スポンサーリンク

-卒業・入学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

祝電を教え子の卒業の時に送る書き方や例文は?どんなメッセージを送れば?

教え子の卒業式にどうしても出席できない方もいらっしゃると思います。 スポンサーリンク そんな時は心に残る祝電を送って教え子の旅立ちを祝いましょう。 どのような祝電の内容を送ったらいいのかお悩みの方に少 …

小学校の入学準備で名前を楽に書くには?名前シールとスタンプについて

新入学の準備をするときには名前を書かなければならないものがたくさんあります。 スポンサーリンク いちいち手で書いていたのでは時間を浪費しますし疲れてしまいます。 忙しい日常の中で早くきれいに名前を書く …

入学祝いで渡すのし袋の選び方とは?また書き方や一言添えたい時には?

入学祝いを相手に渡す時にはのし袋を使います。 しかしのし袋にも色々な種類があります。 その用途に応じて使い分けをしなくてはなりません。 間違って違うのし袋を選ばない為の知識を身に付けておきましょう。 …

最近のコメント