健康

花粉症による肌荒れの原因とは?その症状や改善させる方法について

投稿日:2018年1月3日 更新日:


花粉症で肌が荒れてきた。

何をやってもなかなか改善が見られなくて困っている。

しかしそんな肌荒れも本当の原因が分かれば対策がうてるようになります。

なかなか改善しない肌荒れに悩む方に少しでもお役に立てれば幸いです。
<!--more-->

花粉症による肌荒れの本当の原因とは?

花粉症の原因は杉やヒノキなどの花粉に対して体が排除しようとする反応が過敏になっていることです。

その反応が鼻に出れば花粉症になってしまいます。

もしその反応が肌に出ればアトピー性皮膚炎になるし、気管支に出れば気管支喘息になります。

おおもとの体の状態は同じです。

体にとって異物となっているものを排除しようとする反応が出ているのです。

そのタイプはアトピー型と非アトピー型に分けられます。

アトピー型とは特定のアレルゲンに対して体が反応して症状が出るタイプになります。

原因が分かっているものです。

それに対して非アトピー型というのは原因がはっきりしていません。

大気汚染、喫煙、食品、運動、天候、ストレスなどが原因となりやすいです。

また重症になりやすくなります。

歴史的にみると花粉症が増えてきたのは結核が減ってきたときからです。

結核が減ってくると同時に花粉症が増えてきました。

また最近の抗菌・除菌嗜好が花粉症と関係しています。

徹底的に菌をなくそうとしているせいで本来人間にとっていい働きをする菌まで死滅させてしまっているのです。

綺麗好き過ぎて無菌状態の体になってしまったので少しの悪者が体に入ってくるだけでも体が過敏に反応するようになってしまったのです。

以前は体の中に少しの悪いものが入ってきてもそれは当たり前だったのです。

ですから体はそれらを追い出そうとはせずにいたので花粉症などのアレルギー疾患になる人が少なかったのです。

花粉症による肌荒れの症状にはどのようなものがあるか?

肌の状態はだいたい以下のように推移していきます。

スポンサーリンク

・紅斑(こうはん)→肌が炎症して血流が増えた状態。
・丘疹(きゅうしん)→炎症の熱を緩和する為に体の中の液体がそこに集中してきて盛り上がってくる。
・小水疱(しょうすいほう)→さらに滲出液が多くなってきた状態。
・膿疱(のうほう)→液体の中に炎症細胞が多くなり濁ってきた状態。
・湿潤(しつじゅん)→小水疱や膿疱が破れた状態。ジュクジュクしている。
・結痂(けっか)→浸出液が固まった状態。かさぶた。
・落屑(らくせつ)→炎症が起きていた部分が剥がれ落ちる状態。
・苔癬化(たいせんか)→炎症が繰り返され徐々に皮膚が固く肥厚した状態。

このような段階を踏んで悪化していきます。

花粉症による肌荒れを改善させる方法にはどのようなものがあるか?

肌荒れを改善するためには炎症が起きている悪い細胞を体から切り離す落屑の状態に持っていくことです。

その為には肌をそれ以上刺激しないことです。

皆さんは顔や体を洗う時にどんなものを使っていますか?

その石鹸の中にどんなものが入っているかを見てみてください。

聞いたこともないようなカタカナ表示のものがたくさん入っていませんか?

それらはだいたいが界面活性剤です。

体にとっては異物です。

それらを使って体や顔を洗っていてはいつまでたっても症状が改善されません。

界面活性剤を使うことで皮膚が汚染され、その汚染された皮膚はまた体から切り離そうとされるだけです。

一番いいのは何もつけずにただ水だけで洗うことです。

始めはすっきりしないと思いますが徐々に慣れてくると思います。

肌にあまり余計なものを付けてはいけません。

手を洗う時も薬用せっけんを使ってあまり綺麗に洗いすぎることはよくありません。

薬用せっけんを使うことで皮膚にいる常在菌まで殺してしまうことになるからです。

この常在菌が皮膚をいい状態に保ってくれているのです。

水でしっかり洗うだけで汚れは落ちます。

まとめ

肌荒れを治すには肌を洗う時に余計なものを使わないことです。

徐々に肌は健康な状態を取り戻してきます。

正常な肌のサイクルを取り戻しましょう。

関連記事です。
花粉症の対策はいつからした方がいいか?マスク以外や食べ物では

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乗り物酔いをした子供への対応は?飲ませる薬や予防のためにさせること

お子さんがいつも乗り物酔いになってしまう。 スポンサーリンク そのため遠足に行けなくなってしまったり、家族旅行も考えてしまう。 そのようなお悩みでお困りの方に少しでもお役に立てれば幸いです。 スポンサ …

赤ちゃんの熱中症の対策で室内にいるときは?夜はどうする?グッズは?

赤ちゃんを熱中症から守るためにはどうすればいいのでしょうか? どんな点に気を付ければいいのか曖昧な方に少しでもお役に立てれば幸いです。 目次1 赤ちゃんの熱中症の対策で室内で気をつけることは?2 赤ち …

熱中症の処置としての水分の取り方は?冷やす方法や点滴の効果は?

熱中症の症状があった場合にはその方をまず涼しい所に連れていき、衣服を緩めてあげることが必要です。 そのあとに行うのが水分補給や体を冷やすことです。 どのようにして行うのがいいのでしょうか? 目次1 熱 …

夏バテの症状が出た時の対策とは?下痢や不眠になったときにすることは?

毎年夏になると食欲がない、眠れない、疲れが取れない、というような症状で悩んでいる。 スポンサーリンク どうしたら夏バテ知らずの夏を送れるのだろうか? 夏バテにならないようにするための対策があれば知りた …

大人になって初めて罹ったインフルエンザの体験とは?予防接種や会社を何日休む?

私が生まれてから50年間の間、一度もかかったことがなかったインフルエンザになった経験を書こうと思います。 スポンサーリンク その時系列と予防接種や会社にいつ頃から出社したらいいのかということにも触れて …

最近のコメント