アウトドア

バーベキューで炭に着火させるやり方は?そのコツやバーナーの使い方

投稿日:


バーベキューをする前には炭に火を付けなければなりません。

でもなかなか炭に火が付かなくて苦労をする方もいるかもしれません。

そんな方に少しでもお役に立てれば幸いです。
<!--more-->

バーベキューで炭に着火させるやり方は?

バーベキューの時になかなか火が点かなくて苦労をした事がある方もいるかもしれません。

しかし炭に火を起こすことはとても簡単なことです。

ある道具を二つ使えば誰でも簡単に炭に火を付けることができます。

一つは
ロゴスの ファイヤーライターです。

21個入っていて700円程する着火剤です。

水に濡れても着火には関係なく15分ほど燃え続けます。

もう一つは
Hilander(ハイ ランダー) のフォールディング炭火おこし器です。

炭火おこし器といってもただのステンレス製の四角い箱のようなものです。

価格は2千円ほどでステンレス製でサビづらい構造になっています。

折りたたみ式で使っていないときはコンパクトにまとまり、専用の収納袋も付いています。

しかし使っているうちに折りたたみが出来ずらくなる事がありますが、潤滑剤を蝶番のところにこまめに付けて手入れをすれば解決することです。

何でも手入れをしないと使いづらくなるのは同じです。

潤滑剤としては
クレ5-56が重宝します。

これを時々蝶番部分に付けて手入れを行いましょう。

上記の二つと普段の手入れ用としてクレ5-56があれば炭の火起こしで苦労することはなくなります。

もう一つ簡単に火を起こす方法があります。

NHKの「ためしてガッテン」で紹介された事がある炭の簡単な起こし方です。

使うものは新聞紙です。

新聞紙を丸めて棒状にしたものをキャンプファイヤーのように井形に組んでいきます。

その周りを炭で囲い真ん中の空間に火を入れ新聞紙に火を付けます。

あとはそのまま炭に火が付くまで待つだけです。

「ためしてガッテン 」で紹介された新聞紙を使った炭への着火の仕方

スポンサーリンク

バーベキューで炭に着火させるコツとは?

上記の二つの方法で共通しているのは炭を高く積み上げていることと、空気の通り道があることです。

炎は上に上がります。

その炎のところに炭があれば炭に火が付くということです。

炭を上に積み上げるためにステンレス製の箱を使うか、新聞紙を使うかの違いです。

Hilander(ハイ ランダー) のフォールディング炭火おこし器に炭を無造作に入れた際も炭と炭との間に適当な空気の通り道が出来て火が付きやすくなっています。

炭を高く積み上げることと、空気の通り道があるという条件を満たせばうちわであおがなくても枝を取ってこなくても簡単に炭に火を起こすことが出来ます。

ステンレス製のHilander(ハイ ランダー) のフォールディング炭火おこし器を使えば途中で炭が崩れることがないので常に炭に炎を当てることができて効率的なのでおすすめです。

バーベキューで炭に着火させる際のバーナーの使い方について

バーナーで火をつける方法もあります。

この方法の利点は新聞紙や着火剤などの炭以外のものがいらないということです。

炭に直接火をつける方法だからです。

コツは同じ場所をあぶり続けることです。

積み上げた炭の下にバーナーの炎を1分から2分くらい当て続けます。

すると炭が赤くなります。

そのまま放っておけば上の炭に火が移っていきます。

バーナーを当てているときに炭がパチパチはじけることがあるのでやけどなどしないように注意しましょう。

またバーナーの安全性についての問題を指摘される方もいますが、普通に使っている分には問題はないと思います。

直接バーナーを網の上に乗せたり、長時間直射日光に当たる炎天下などに置いておかなければ爆発することもありません。

常識の範囲内で使う分には安全面についても大丈夫だと思います。

まとめ

難しいように思える炭の火起こしですが、炎の性質と火が燃えるときに必要な空気を確保できれば簡単に火をつけることが出来ます。

しかし、ぶっつけ本番ではなく事前にどこかで練習できればいいですね。

炭に火を付けることが目的ではありません。

それを使って美味しい料理を作ることが目的のはずです。

すんなり炭に火をつけてそのあとの美味しい料理を作れるように頑張りましょう。

関連記事です。
アウトドアで使うタープの選び方は?設営などが簡単で人気のものは?

スポンサーリンク

-アウトドア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日焼け止めの塗り方で顔に塗る場合には?その正しい順番について

日焼け止めを塗って日焼け対策をしたいと思っている。 スポンサーリンク しかしお化粧もしなければならないし、日焼け止めをどの順番でどのように塗ればいいのか分からない。 そのようなお悩みをお持ちの方に少し …

バーベキューの炭の処理はどうしたら?簡単な方法や花壇に入れるのは?

バーベキューでお腹を満たした後には炭の後片付けが待っています。 面倒な炭の後片付けをもっと楽にしたいとお考えの方に少しでもお役に立てれば幸いです。 目次1 バーベキューの炭の処理はどうしたら?2 バー …

日焼け止めの効果はどのくらいあるのか?数値で分かるおすすめのものは?

これからの季節、だんだん太陽の日差しが強くなり日焼けが気になる季節です。 スポンサーリンク でも肌はあまり強い方ではないし、将来皮膚ガンになったりしないかという心配もある。 日焼け止めを使って日焼け予 …

アウトドアで使うタープの選び方は?設営などが簡単で人気のものは?

初めてのアウトドアデビュー。 「まずタープの購入を考えているけれども、タープを購入するときにどんな点に注意をすればいいのか?」 このようなお悩みをお持ちの方に少しでもお役に立てれば幸いです。 目次1 …

最近のコメント