アウトドア

バーベキューの炭の処理はどうしたら?簡単な方法や花壇に入れるのは?

投稿日:


バーベキューでお腹を満たした後には炭の後片付けが待っています。

面倒な炭の後片付けをもっと楽にしたいとお考えの方に少しでもお役に立てれば幸いです。
<!--more-->

バーベキューの炭の処理はどうしたら?

バーベキューをした後に残った炭をその場所に置いていってしまう人がいます。

そういう人はバーベキューをしない方が良いと思います。

バーベキューをする人は自然を楽しみながら美味しいものを食べに来ています。

そこに前の人が置いていった炭や灰などがたくさんあって汚かったらどのように思うでしょうか?

他の人のことを考えて行動すればバーベキューの後処理をどのようにしたらいいのかはおのずと分かってくると思います。

他の人が不快に思わないように処理をしていかなくてはなりません。

その辺に捨てていってしまうことなど問題外です。

そういう方はバーベキューをやる資格はありません。

捨て場があれば捨てていいものは置いてきてもいいですが、それ以外のものはきちんと持ち帰りましょう。

なるべく元の状態に戻してから帰ることです。

ですから使い終わった炭などは家に持ち帰ります。

また持ち帰る炭をなるべく少なくするために投入する炭の量を考えましょう。

最後の方は少なくなってきた炭を一か所に集めてその上だけで食材を焼くようにします。

終わりの方は皆さんの食欲も下がっていると思うのでこれくらいの炭の量でも十分足りてくると思います。

無駄に炭を投入しないようにしましょう。

それでも少しは炭が残ってしまうと思います。

熱くなっている炭を水の中に浸して消火する方もいます。

水の中に長く付けることで確実に火を消すことが出来ます。

しかし水につけて消火するとその後の処理が面倒になります。

まず水を用意しなければなりません。

また次回に使う前に水に浸した炭を十分に乾燥させなければならなくなります。

ですから後処理を楽にする方法として炭が燃えるための酸素を遮断させて消火する方法を取りましょう。

煎餅やおかきなどが入っていた大きなカンを用意します。

その中に燃えている炭を密閉することによって酸素がなくなり炭はそれ以上燃えることが出来なくなります。

スポンサーリンク

缶が熱くなって持つことができなくなるのでダンボール箱に入れておきましょう。

しばらくするとカンの内側と外側の圧力に違いが生じて蓋が開けづらくなることがあります。

そんな時は缶切りで穴を開けて割りばしなどを差し込んでおきましょう。

蓋が開かなくなったら割りばしを抜けば圧力が同じになり蓋を開けることができるようになります。

バーベキューの炭の簡単な始末方法は?

適当なカンがない時は火消し壺というものがあります。

ハイランダー火起こしセット
https://www.naturum.co.jp/item/9931575.html?reco=item

これは大型の火消し壺と火起こし器のセットです。

専用の綿の収納袋もついています。

火消し壺の中に火起こし器がそのまま収納できるのでコンパクトにまとまります。

次回には火起こし器を取り出して炭を追加すればそのまま始められます。

しかも前回使用した炭というのは着火しやすくなっています。

不必要な灰は火起こし器の下の穴から下に落ちるのでそれは次回使用するときまでに処分しておきましょう。

バーベキューの炭を花壇に入れたら?

細かい炭や灰などを花壇に入れることはどうなのでしょう。

木炭を入れることにより植物の根っこが炭に向かって伸びてくるようになります。

というのは木炭には微細な隙間が多くあり、そこが有用微生物の住みかになり植物の成長を促進するからです。

またその微細な隙間が保水力を高め養分を吸着することになります。

少しの肥料でも植物が成長するので農薬や肥料の節約にもなります。

また木質の灰には植物の成長に必要なカルシウムやカリウムが含まれているので土壌に不足しているこれらのものを補うことになります。

しかしまき過ぎはよくないので植物の状態を見ながら炭や灰を入れる量を調整していきましょう。

焼却灰はアルカリ性です。

酸性を好むサツキ、ツツジ、ブルーベリーなどには向かないので炭を撒かない方が良いでしょう。

まとめ

バーベキューを楽しんだ後は気持ちよく次の人がその場所を使えるようにしましょう。

上手に炭を処分してアウトドアを楽しみましょう。

関連記事です。
バーベキューで炭に着火させるやり方は?そのコツやバーナーの使い方

スポンサーリンク

-アウトドア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日焼け止めの効果はどのくらいあるのか?数値で分かるおすすめのものは?

これからの季節、だんだん太陽の日差しが強くなり日焼けが気になる季節です。 スポンサーリンク でも肌はあまり強い方ではないし、将来皮膚ガンになったりしないかという心配もある。 日焼け止めを使って日焼け予 …

日焼け止めの塗り方で顔に塗る場合には?その正しい順番について

日焼け止めを塗って日焼け対策をしたいと思っている。 スポンサーリンク しかしお化粧もしなければならないし、日焼け止めをどの順番でどのように塗ればいいのか分からない。 そのようなお悩みをお持ちの方に少し …

バーベキューで炭に着火させるやり方は?そのコツやバーナーの使い方

バーベキューをする前には炭に火を付けなければなりません。 でもなかなか炭に火が付かなくて苦労をする方もいるかもしれません。 そんな方に少しでもお役に立てれば幸いです。 目次1 バーベキューで炭に着火さ …

アウトドアで使うタープの選び方は?設営などが簡単で人気のものは?

初めてのアウトドアデビュー。 「まずタープの購入を考えているけれども、タープを購入するときにどんな点に注意をすればいいのか?」 このようなお悩みをお持ちの方に少しでもお役に立てれば幸いです。 目次1 …

最近のコメント