健康

熱中症の処置としての水分の取り方は?冷やす方法や点滴の効果は?

投稿日:


熱中症の症状があった場合にはその方をまず涼しい所に連れていき、衣服を緩めてあげることが必要です。

そのあとに行うのが水分補給や体を冷やすことです。

どのようにして行うのがいいのでしょうか?
<!--more-->

熱中症の処置としての水分の取り方は?

熱中症になっているときは大量の汗をかいて体が脱水状態になっています。

ですから失われた分の水分を補給しなければなりません。

水分が少なくなると体はどうなってしまうのでしょうか?

体の中で水分は3つの需要な働きをしています。

・酸素と栄養素を細胞に運ぶ
・尿や汗として体の外に老廃物を運び出す
・汗をかくことによって体温を調整する

水分が不足するとこれらのことが十分に出来なくなってしまいます。

水分が不足すると食事に関しては唾液量が減少したり、味覚障害や嚥下障害が起こります。

また消化液が減少することにより消化不良が起きて栄養を吸収できなくなります。

さらに汗をかいて体温を調整することが出来なくなってしまいます。

これらのことを防ぐために水分を摂取しなければなりません。

しかし、ただ水だけを飲んでも体調はよくなりません。

なぜなら汗と一緒に塩分なども体の外に出てしまっているからです。

塩分も体の中で重要な働きをしています。

細胞と毛細血管の間での栄養と老廃物の交換にナトリウムがかかわっているからです。

ナトリウムが不足するとこの交換が出来なくなります。

水だけを飲むとますます電解質のバランスが悪くなって体の中に老廃物が溜まっていきます。

ですから水分と一緒に塩分も取らなくてはなりませんが、そこで飲んだ方が良いものは水ではなく経口補水液です。

経口補水液とは水に食塩とブドウ糖を溶かしたものです。

塩分だけではなくブドウ糖も含まれています。

なぜブドウ糖も一緒に摂った方がいいかというと両方を同時に摂った方が体の中により吸収されるからです。

通常は水分の吸収は大腸で行われますが、ブドウ糖も一緒に摂取することで小腸でも水分が吸収されるようになるのです。

電解質が小腸で吸収される時に一緒に水分も吸収されるからです。

ですからブドウ糖も一緒に摂取することでよりたくさんの水分を吸収できるようになります。

スポンサーリンク

しかし自力で水分を摂れる場合はいいのですが、意識がはっきりしないような状態の時には無理に飲ませることは止めましょう。

誤飲してしまう恐れがあるからです。

自力で水分が摂れない状態の時は救急車を呼んで病院での処置が必要になります。

熱中症の処置としての冷やす方法は?

熱中症になってしまったときは体が熱くなっています。

そのとき体の中では熱を下げようとして血液の流れがとても速くなっています。

いつまでもこのままでは心臓や血管に負担がかかってしまいます。

ですから体を冷やすことが必要になります。

冷やす方法としては血液を冷やすことをします。

全身を張り巡っている血管を冷やすことによって全身が冷えます。

どのようにして血管を冷やすかというと体の表面に近い所を通っている血管を冷やします。

まず太い動脈でなおかつ皮膚に近い所を走っている総頚動脈、腋下動脈、鼠頸動脈を冷やします。

首の両わき、わきの下、足の付け根です。

氷嚢袋や濡らしたタオルなどをそこに当てて冷やします。

冷えた動脈が全身に行きわたり体温を下げてくれるようになります。

次に体の表面を走っている毛細血管を冷やします。

効率的な冷やし方は霧吹きを使います。

霧吹きで拭くときりのように細かい水滴が体につきより蒸発しやすくなります。

さらに団扇などで仰ぎ体に風を当てて水分を蒸発させます。

水が蒸発するときに気化熱が奪われ体温を下げてくれます。

熱中症の処置としての点滴の効果は?

自分で水分を摂取出来ない状態の時は病院で水分や電解質が入った点滴をしてもらいます。

もちろん医師が必要と判断した場合です。

点滴とは点滴静脈注射のことです。

ボトルなどに入れた液体を静脈内に差し込んだ注射針から少量ずつ入れていきます。

時間をかけて少しずつ入れていくことが重要です。

体は急激な変化を嫌うからです。

急に入れてはかえって体にとって負担がかかってしまいます。

点滴をすることにより必要な栄養素を必要な場所へ直接届けることが出来ます。

まとめ

これからますます熱中症になる方が増えてくると思います。

そのような場面に遭遇した時に必要な処置を的確に出来るようにしておきたいですね。

関連記事です。
熱中症の症状で軽度のものは?また重度のものや救急車で運んだ方がいい状態とは?

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コレステロールを下げるための食べ物とは?お茶やサプリの効果は?

健康診断でコレステロールの数値が高いので食事を気を付けるように言われてしまったことがある方もいると思います。 しかしどのような食事でコレステロールの数値を変えていけばいいのか? このようなことでお悩み …

夏バテの症状が出た時の対策とは?下痢や不眠になったときにすることは?

毎年夏になると食欲がない、眠れない、疲れが取れない、というような症状で悩んでいる。 スポンサーリンク どうしたら夏バテ知らずの夏を送れるのだろうか? 夏バテにならないようにするための対策があれば知りた …

乗り物酔いの時に飲む薬が効く原理とは?飲むタイミングやおすすめのものは?

乗り物酔いになってしまった時にどうしたらいいのでしょうか? スポンサーリンク 時には薬の力を借りて症状を抑えることも必要です。 乗り物酔いの薬にはどのような効果があるのでしょうか? スポンサーリンク

花粉症による肌荒れの原因とは?その症状や改善させる方法について

花粉症で肌が荒れてきた。 何をやってもなかなか改善が見られなくて困っている。 しかしそんな肌荒れも本当の原因が分かれば対策がうてるようになります。 なかなか改善しない肌荒れに悩む方に少しでもお役に立て …

禁煙を成功させる秘訣とは?またその方法やグッズについて

禁煙したいけれども、どうしても禁煙できない。 スポンサーリンク 禁煙できた人はどうして禁煙できたのだろうか? このようにお考えの方に少しでもお役に立てれば幸いです。 スポンサーリンク

最近のコメント