健康

赤ちゃんの熱中症の対策で室内にいるときは?夜はどうする?グッズは?

投稿日:


赤ちゃんを熱中症から守るためにはどうすればいいのでしょうか?

どんな点に気を付ければいいのか曖昧な方に少しでもお役に立てれば幸いです。
<!--more-->

赤ちゃんの熱中症の対策で室内で気をつけることは?

外がとても暑い時には部屋にいても熱中症になってしまいます。

特に赤ちゃんというのは汗腺などの体温調整機能がまだ完全に発達していないので、深部体温の調整が上手く出来ない為に熱中症になりやすい体をしています。

ですから赤ちゃんの様子をこまめにチェックして赤ちゃんが脱水症を起こしていないかに注意してください。

判断基準としては汗をたくさんかいていないか、オシッコが出ているかをチェックしましょう。

脱水症を起こしているとオシッコの量が少なくなってしまいます。

また赤ちゃんは泣いて喉の渇きを訴えるかもしれません。

赤ちゃんが何を伝えようとしているのかを考えてあげましょう。

またエアコンを上手く使うようにします。

まず設定温度を26〜28度にしましょう。

それでも寒く感じるようなら窓を開けて外の熱い空気を入れながらエアコンもかけるようにします。

勿体ない気もしますが、エアコンのスイッチを切ったり入れたりすると電気代が余計にかかってしまいます。

またエアコンが切れているときは暑くて汗をかいてしまいます。

たくさん汗をかいている状態でエアコンで急に涼しくすることによって赤ちゃんが風邪をひきやすくなってしまいます。

ですから頻繁にエアコンを付けたり消したりして温度を調整することはあまりよくありません。

赤ちゃんの熱中症の対策で夜はどうしたら?

最近は熱帯夜が多くなり寝苦しい日が多くなっています。

赤ちゃんも寝ている間に汗をかなりかいています。

ですから夜寝る前と起きた時には水分をしっかり取らせましょう。

またその時に飲ませるものとしてお茶はよくありません。

お茶には利尿作用があるので余計に水分が体の外に出ていってしまいます。

母乳が1番いいのですが、そうでなければ白湯がいいと思います。

また夜もエアコンを付ける必要があります。

しかし夜は防犯上の理由から窓を開けておくことができません。

ですから赤ちゃんが寝ている部屋の隣の部屋のエアコンを稼働させましょう。

そして赤ちゃんの寝ている部屋へ扇風機で風を送るようにしましょう。

その時も赤ちゃんに直接扇風機の風が当たらないように注意してください。

また寝ている時に脱水症になっていないか心配だからといっても無理に起こしてまで水分補給をさせることはありません。

スポンサーリンク

喉が渇いたりお腹が空けば泣いて訴えるでしょうから、先回りしてまで水分を与える必要はないと思います。

赤ちゃんの熱中症の対策でおすすめのグッズは?

カンガルーの保冷・保温やわらかシート

赤ちゃんをベビーカーに乗せているときに活躍するのがこれです。

赤ちゃんの背中や後頭部をひんやり快適に保ちます。

カバーには綿パイル生地を使い、赤ちゃんの汗を素早く吸収してくれます。

洗濯も出来るのでいつも清潔に保てます。

ただし冷やし過ぎには注意しましょう。

また外出先でもこまめに授乳しなければならなくなると思うのでそんな時に便利なのが授乳ケープです。

スウィートマミーの授乳ケープ

これがあれば外出先でも気になる視線をカバーしつつ、赤ちゃんに素早く水分補給をすることができます。

裏地もついていて透けずに安心です。

裏地はオーガニックコットン100%で赤ちゃんにも気持ちがいいものです。

上部にはソフトワイヤーが付いていて自然なカーブをキープできます。

ですから授乳中、赤ちゃんの顔をしっかり見ることができます。

またこのケープとセットで使いたいのがCLIVIA 授乳ストラップです。


これを使うと授乳時に赤ちゃんの顔に洋服が付かなくなるので授乳が楽になります。

暑い時は赤ちゃんの母乳を求める回数が増えてくると思いますのでこれを活用して素早く水分補給できます。

まとめ

熱中症から赤ちゃんを守るために水分補給と涼しくするための対策に気を使いましょう。

その為には赤ちゃんの様子をこまめにチェックすることが大事です。

関連記事です。
熱中症の処置としての水分の取り方は?冷やす方法や点滴の効果は?

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乗り物酔いの時に飲む薬が効く原理とは?飲むタイミングやおすすめのものは?

乗り物酔いになってしまった時にどうしたらいいのでしょうか? スポンサーリンク 時には薬の力を借りて症状を抑えることも必要です。 乗り物酔いの薬にはどのような効果があるのでしょうか? スポンサーリンク

二日酔いの対策で飲んだ後にすることは?飲んだ方がいい薬や頭痛が辛い時は?

お酒を飲んだことがある方ならばお酒を飲み過ぎた後の不快感を経験したことのある方がほとんどだと思います。 ほんとに辛く、早く治したいですね。 ついつい飲み過ぎてしまった後の二日酔いに対して何をした方がい …

大人になって初めて罹ったインフルエンザの体験とは?予防接種や会社を何日休む?

私が生まれてから50年間の間、一度もかかったことがなかったインフルエンザになった経験を書こうと思います。 スポンサーリンク その時系列と予防接種や会社にいつ頃から出社したらいいのかということにも触れて …

甘酒でダイエットするやり方とは?成功するか痩せないかは何が違う?

甘酒を飲んでダイエットをしてみたいと思っている。 なぜ甘酒を飲むことでダイエットになるのか? スポンサーリンク またどのようなやり方をすればダイエットに成功するのか? 本当に甘酒を飲むことでダイエット …

胃痛の原因である食後の痛みはなぜ起こる?また冷えや自律神経との関係

突然の胃痛に悩まされた経験をお持ちの方がいらっしゃると思います。 病院で検査をしても異常がないし、薬を飲んでも効果がない。 自分の体は一体どうなっているのか? このようなことで辛い経験をされたことがあ …

最近のコメント