お中元

お中元を喪中の方に送ることは大丈夫?また送る時のマナーや何を送る?

投稿日:


毎年お中元を贈っていた相手の方のご家族が亡くなられた。

今年もお中元を贈ろうと考えていたが相手が喪中の場合、いつも通りにお中元を贈ってもいいのだろうか?

それとも今年はお中元を贈ることを控えた方がいいのだろうか?

このような事でお悩みの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お中元を喪中の方に送ることは大丈夫なのか?

お中元とは日頃お世話になった方への感謝の気持ちを込めて贈るものであり祝い事ではありません。

ですから喪中だからといって送ることを控える必要はありません。

しかしお中元を贈る時期を選んだ方がいいでしょう。

身内の方が亡くなられてご家族の方の心情は察しがたいものになっています。

例え美味しいものを贈られたとしても喉を通らないかもしれません。

そのような気持ちの区切りをつける時期として49日があります。

49日に閻魔大王が裁きを下して天国に行くのか地獄に行くのか決まる、など色々説がありますが、実際のところは分かりません。

しかし、身内が亡くなるということは残されたご家族にとってはとても悲しいことです。

その悲しみはいつになっても癒えることはないと思いますが、いつまでも悲しみに打ちひしがれていては亡くなった故人にとっても心外だと思います。

その悲しい気持ちに一区切りをつける時期が49日なのです。

ですからお中元を贈るならば49日が過ぎてからにしましょう。

お中元を贈る時期が49日を過ぎていないのなら、まだお中元は送らない方がいいと思います。

もし49日が済んで相手にお中元を贈ろうと思った時にお中元のシーズンが過ぎていたなら「お中元」としてではなく「暑中御見舞」として贈り物をされるのがいいでしょう。

お中元を喪中の方に送るときのマナーとは?

喪中の方にお中元を贈る場合に贈る時期以外にも気を付けることがあります。

スポンサーリンク

それは贈り物の表に付ける表書きについてです。

通常のお中元であれば贈り物の表に紅白の水引や熨斗を付けて送ります。

紅白の水引や熨斗には慶事の意味合いがあります。

しかし喪中の場合は通常通りに書いてしまっては失礼になってしまいます。

喪中の時に贈る贈り物には熨斗や水引のない無地の熨斗紙を使います。

それに「お中元」と書いたものを用意します。

デパートなどでお中元を贈ってもらう時にも「喪中なので無地の熨斗紙を使いたい」と伝えれば対応してくれます。

無地のものを使うことにより相手に誠意が伝わります。

またお中元を贈っていた本人が亡くなった時はお中元を贈るのをやめましょう。

本人が亡くなった時点で縁が切れているので故人宛にお中元を贈る必要はありません。

お中元は喪中の時に何を送る?

喪中の時には喪中のお供えやお中元などがたくさん届きます。

贈り物に生モノが多いと食べる前に傷んでしまって困ります。

ですのでなるべく日持ちのするものを贈られた方が嬉しいかもしれません。

果物などは直ぐに傷んでしまうので避けた方がいいでしょう。

乾物やビール、コーヒー、お茶、缶詰などなら日持ちするのでいいかもしれません。

本人の好みに合う保存の効くものを探して贈られた方がいいでしょう。

またお線香などをお中元として贈ることはお中元本来の趣旨と違うものになってしまいます。

お線香などは仏前にお供えするものとしてのイメージです。

ですからお中元として贈る場合にはふさわしくありません。

まとめ

ご家族が亡くなった相手の気持ちを考えて49日を過ぎてからお中元は贈るようにします。

お中元を贈る時期や表書きなどが相手にとって失礼のないようにしましょう。

関連記事
お中元を送ったのにお礼がないときどうする?相手の気持ちを確認する方法

スポンサーリンク

-お中元
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お中元をやめる時のマナーとは?その時に書く手紙やその例文について

毎年お中元を贈っていた方がいる。 初めはお世話になった感謝の気持ちを形にする気持ちで贈っていたのですが、最近は以前の関係もなくなってしまっている。 スポンサーリンク そしてお中元を贈ることも形式的なも …

お中元を送ったのにお礼がないときどうする?相手の気持ちを確認する方法

会社の取引先にお中元を送ったけれども後になっても何も連絡がない。 もうとっくに届いているはずなのにどうしたのだろう。 その後何度か電話で連絡を取り合っているのに何の話もなかった。 もしかしたら届いてい …

最近のコメント