季節の行事

土用丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?その効果と代用できるものはあるか?

投稿日:


土用丑の日にはうなぎを食べる方が多いと思います。

当たり前のようにうなぎを食べているのですが、「土用丑の日?」「うなぎをなぜ?」…

このような疑問をお持ちの方に対して少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

土用丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?

土用丑の日にうなぎを食べるのはなぜなのか?

まず土用丑の日とは暦に関係していることは何となく分かると思います。

しかし暦は勉強すればするほど訳が分からなくなる難しい学問です。

それを私なりに超わかりやすく解釈すると…

太陽は東の空から登って西の空に沈んでいきます。

また春になって夏がきて秋、冬へと続いてまた春になるという一連のサイクルを表したものが暦です。

季節には大きく4つあります。

それをさらに6つに細かく分けたものが二十四節気です。

春分の日、夏至、秋分の日、冬至と季節の変わり目が4つあります。

そのそれぞれの日を迎える前18日間のことを土用といいます。

昔は毎日を12ある干支に振り分けていました。

その土用の期間の丑の日に当たるのが土用丑の日です。

うなぎを食べるのは立秋になる前の18日間の土用の丑の日に当たる時です。

しかし1年のうち4回以上土用丑の日はあるのに夏になる前の土用丑の日にしかうなぎを食べません。

もしかしたら他の土用丑の日にもうなぎを食べている地域があるかもしれませんが世間でよくうなぎと騒がれているのは立秋になる前の土用丑の日です。

うなぎは栄養が豊富で食べると元気になるといわれています。

暑い夏は特に体力を消耗しがちです。

その夏を乗りきるために土用丑の日にうなぎを食べることは理にかなっています。

それを最初に始めようとしたのが平賀源内です。

江戸時代の発明家です。

どうしたらうなぎがたくさん売れるようになるかを考えて提案したのが彼です。

「季節」「うなぎ」を上手くつなぎ合わせて商売繁盛につなげることに成功したのです。

今では土用丑の日といえばうなぎを食べることが当たり前になっています。

どこでも土用丑の日にあやかってうなぎを販売しています。

また私たちも季節感のあるものが好きなんです。

同じような毎日に変化を欲しているのかもしれません。

ですから土用丑の日にうなぎを食べて季節を味わいたくなるのかもしれませんね。

土用丑の日にうなぎを食べるとどんな効果があるのか?

暑さが厳しくなると少し動くだけでも汗が出てきます。

スポンサーリンク

寝苦しい夜も続き睡眠不足になりがちです。

体調もすぐれず何となくだるいような、いわゆる夏バテになる方も多いことでしょう。

また暑いので冷たい飲み物を多く飲むようになり胃腸も冷えて調子が悪く、食欲も減退がちです。

それは暑さのために体の自然治癒力が落ちているからです。

そのようなときにうなぎを食べることで元気を取り戻すことができます。

うなぎには豊富な栄養がたくさんあります。

まず18種類ものタンパク質が含まれています。

ビタミンもA〜EとK、ミネラルもたくさん含まれています。

人間の体は何を食べるかで変わってきます。

栄養豊富なうなぎを食べることでダメージを受けた体を回復させるための自然治癒力を高めることになります。

偏った栄養を摂っていたのではダメでうなぎのように様々な栄養のあるものを摂ることが必要です。

自然治癒力が高まることで夏バテに負けない体を作る手助けをすることができます。

土用丑の日に食べるうなぎに代用できるものは?

うなぎは美味しいのですが、絶滅の恐れがあるとも言われています。

漁獲量も減少傾向にあり値段も結構高めです。

ですからうなぎに変わる別の食材を探す動きもあります。

そこでナマズがうなぎに変わる代用品として考えられています。

色も黒く細長い形であり何となくうなぎに似ています。

しかし味には違いがあります。

うなぎは脂がのっていますが、ナマズは淡白な味です。

うなぎの脂っぽさがお好きな方にとってはナマズに物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

しかしうなぎに味が似ているかはともかくとしてナマズとしては美味しい魚であり、現在の日本ではあまり食用として馴染みがありませんが欧米では食材として馴染みのある魚です。

ナマズにはビタミンB1やビタミンEが特に多く含まれています。

ビタミンB1の働きは体の中で糖分をエネルギーに変える働きをしています。

ビタミンB1が不足するとエネルギーが不足して何となくだるいなどの症状が出てしまいます。

ビタミンB1には暑さのために食欲不振になってエネルギーが不足している体を元気にしてくれる働きがあります。

ですから夏バテになっている体にとってはうってつけの食材です。

現在、近畿大学でうなぎの代用としてナマズの研究が行われてイオンなどで販売されています。

この先、ナマズがうなぎに取って代わる日が来るかもしれません。

まとめ

毎日暑いからといって冷たい飲み物ばかりでは体が不調になってきます。

暑さの為に夏バテ気味になっている体をうなぎを食べてリセットし、暑い夏を乗りきりましょう。

スポンサーリンク

-季節の行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トリュフの作り方で簡単な方法とは?上手く作るコツや豆腐を使ったもの

フランス料理の高級食材であるトリュフ(キノコの一種)に似せて作ったチョコレートであるトリュフチョコ。 スポンサーリンク よりキノコのトリュフに似せるためにあえて形をいびつにしたり、土から掘り出したばか …

お盆の海に入ってはダメな理由とは?またクラゲや潮との関係は?

お盆に家族で実家の近くの海へ遊びにいこうと思っている。 しかし「お盆の海で泳いではいけない」ということをよく聞きます。 スポンサーリンク 子供は海に行くのは初めてなので是非連れていきたいと思っている。 …

お盆のお墓参りについてのマナーとは?手土産や行けない場合にはどうしたら?

今年は結婚してから初めてのお盆で主人の実家のお墓参りに行く予定。 スポンサーリンク 自分の家にはお墓や仏壇などがないのでどのような準備をしたらいいのか分からない。 何かお金や品物を持って行った方がいい …

ひな祭りのケーキの‌飾りはどうする?作り方や通販で何を買うか?

ひな祭りのケーキを手作りされる方も多いと思います。 スポンサーリンク 手作りケーキの上に乗せる飾りによってケーキの出来栄えがかなり変わってきます。 「ケーキの上に乗せる飾りつけをどうするか?」 このよ …

あさりの砂抜きで失敗しないためには?その時間や50度のお湯で行う方法

あさり料理が好きな方はたくさんいらっしゃると思います。 しかし食べたときにジャリっと砂が入っていたことを経験したことがある方も多いと思います。 上手く砂抜きをするにはどうすればいいのかと悩んでる方に少 …

最近のコメント