健康

夏バテを防止するための食事とは?そのために必要な果物や栄養とは?

投稿日:


夏バテをしたときは食欲がなくなります。

鰻を食べると夏バテ解消にいいといいますが、あまり脂っこいものは喉を通らない。

夏バテをしているときでも食べられるもので夏バテ解消になるものはないのだろうか?

このようなことでお悩みの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

夏バテを防止するための食事とは?

夏は暑さによって体温も上がってしまいます。

体の機能というものは体温が平熱の状態で上手く働くようにできています。

ですから常に体温が上がりすぎないように体温を一定に保とうとします。

それをホメオスタシスといいます。

暑くなると体の負担が大きくなってきますが、そのようなときに手助けとなる食材もあります。

それはキュウリやトマト、ナスなどの夏野菜です。

夏野菜は体の熱を逃がしてくれる働きがあります。

なぜなら夏野菜にはカリウムを多く含むものが多いからです。

カリウムには利尿作用があります。

カリウムを多く摂取することによって普段よりも尿の量が多くなります。

尿の量が多くなることによってより体内の多くの熱を熱い尿とともに体外に出してくれます。

夏野菜は尿の量を増やすことによって体温を下げてくれるのです。

また食材を選ぶときに考えた方が良い事として「地産地消(ちさんちしょう)」という言葉があります。

地産地消とはその土地で産出した(採れた)ものをその土地で消費する(食べる)ことです。

野菜などに含まれるビタミン類は、収穫してからの時間が長ければ長いほど、どんどん破壊されてしまいます。

その土地のものを食べるということは完全に成長し栄養価が一番高くなっていて一番美味しい状態のものを食べることができるということです。

またたくさん取れるのでお値段も安くなっています。

逆にその土地から遠いところで作られた食材を運んでくるとすればその食材を虫から守るために防虫剤をかけなければならなくなります。

また売られる頃に丁度食べ頃になるように、まだ未熟のうちに収穫されるので栄養や美味しさが足りない状態になっています。

そのような理由から外国産のものより国産、関東に住んでいる方なら九州で取れた野菜より関東で取れた野菜を食べるようにすることが体のためには大事です。

スーパーなどで野菜を選ぶ際に「地産地消」ということを意識して自分の住んでいる土地に近いところで生産された食材で旬のものを選ぶようにしましょう。

夏バテを防止するために食べる果物とは?

果物の中にもカリウムが非常に多いものがあります。

その代表的なものがバナナです。

スポンサーリンク

バナナは昔は貴重なものでなかなか食べることはできないものでしたが最近は安くて手軽に食べられる果物になっています。

しかし産地がフィリピンなどの外国産のものが多いので地産地消の考えではあまり食べたくないものです。

宮崎や岡山などでも国産無農薬のバナナとして作られていますが1本1000円近いバナナはなかなか食べることができません。

しかし夏バテをしてしまえば仕事の効率も下がり、その影響は1000円どころではないかもしれません。

夏バテしたときに特別に食べるものとして贅沢なバナナを食べてみてはどうでしょう?

半分青いような未成熟のものより皮に黒い斑点が出ている完熟した甘いバナナを食べれば夏バテ解消の大きな力になります。

夏バテを防止するために必要な栄養とは?

夏バテを防ぐ栄養素としてビタミンB1があります。

ビタミンB1 がなぜ夏バテを防ぐのかというと糖質をエネルギーに変える働きをしているからです。

脳にとっても大事な栄養素である糖質ですがビタミンB1が不足すると糖質をエネルギーに変換することができなくなります。

その結果、糖質が過剰になり血糖値が上昇するということになってしまいます。

夏には体温を調節するためにたくさんのエネルギーが必要になりますが、そのためのエネルギーも不足して夏バテの原因にもなります。

そこでビタミンB1を多く含む食材を摂ることが必要になります。

ビタミンB1を多く含む食材に味噌、玄米などがあります。

夏バテを改善するためにはこれらを積極的に摂るようにしましょう。

夏野菜の代表格であるキュウリに味噌を付けて食べるというのが簡単にビタミンB1を摂るための方法です。

ビタミンB1とカリウムの両方を同時に摂取することができます。

また暑い夏でも汁物なら喉を通りやすいと思います。

味噌を使った汁物といえば味噌汁です。

そこに夏野菜のモロヘイヤを組み合わせます。

モロヘイヤを1分茹でて微塵切りにしておきます。

味噌汁の具は何でもいいのでできた味噌汁に微塵切りにしたモロヘイヤを入れて食べます。

ネバネバのモロヘイヤと味噌汁の相性は抜群です。

またミョウガを微塵切りにして入れても味噌汁が美味しくなります。

また玄米でオニギリを作り味噌を塗ってオーブンで焼きオニギリを作って食べるのもいいと思います。

香ばしく焼くことで食欲をかき立てます。

これもカリウムとビタミンB1を両方摂取することができます。

まとめ

夏バテしているときでも食べられるものはあります。

夏バテを解消する効果のあるカリウムやビタミンB1をたくさん摂り、暑い夏を乗り切りましょう。

関連記事
夏バテの症状が出た時の対策とは?下痢や不眠になったときにすることは?

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

熱中症の処置としての水分の取り方は?冷やす方法や点滴の効果は?

熱中症の症状があった場合にはその方をまず涼しい所に連れていき、衣服を緩めてあげることが必要です。 そのあとに行うのが水分補給や体を冷やすことです。 どのようにして行うのがいいのでしょうか? 目次1 熱 …

乗り物酔いをした子供への対応は?飲ませる薬や予防のためにさせること

お子さんがいつも乗り物酔いになってしまう。 スポンサーリンク そのため遠足に行けなくなってしまったり、家族旅行も考えてしまう。 そのようなお悩みでお困りの方に少しでもお役に立てれば幸いです。 スポンサ …

ノロウイルスに感染する保育園での行為は? 手洗いとマスクの付けさせ方

秋から春先にかけて毎年流行するノロウイルス。 保育園に預けた我が子がノロウイルスに感染しないようにするにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか? 目次1 ノロウイルスに感染する保育園での行為は …

胃痛の原因である食後の痛みはなぜ起こる?また冷えや自律神経との関係

突然の胃痛に悩まされた経験をお持ちの方がいらっしゃると思います。 病院で検査をしても異常がないし、薬を飲んでも効果がない。 自分の体は一体どうなっているのか? このようなことで辛い経験をされたことがあ …

熱中症の対策で睡眠はどうしたらいいのか?運動やスポーツドリンクとの関係は?

毎年熱中症で多くの方が命を落としてしまいます。 スポンサーリンク しかし熱中症にならないように気を付けることは可能です。 熱中症にならない為の睡眠や運動とはどういうものなのか? またスポーツドリンクの …

最近のコメント