季節の行事

お盆の海に入ってはダメな理由とは?またクラゲや潮との関係は?

投稿日:


お盆に家族で実家の近くの海へ遊びにいこうと思っている。

しかし「お盆の海で泳いではいけない」ということをよく聞きます。

子供は海に行くのは初めてなので是非連れていきたいと思っている。

実際にお盆の頃の海に入っても大丈夫なのでしょうか?

そのような不安をお持ちの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お盆の海に入ってはダメな理由とは?

よく怪談話で「霊によって海に引っ張り込まれる」というものがあります。

しかしその霊がお盆に帰ってきた霊であるならば道連れにするようなことはしないのではないでしょうか?

あの世に戻って行くときに一緒に連れて行ってしまう霊ではなく、遠く離れたところから見守ってくれるような霊だと思います。

溺れること自体が海に引き込まれるような形なので、このような話に発展していったのではないでしょうか。

またもっと他にお盆の海に入ってはいけないという理由があると考えます。

何も理由がないのにそのようなことは言われないと思うからです。

お盆を過ぎても日中はまだまだ暑い日が多くあります。

しかし夜になると徐々に涼しい日が多くなってきて海水の温度も低くなってきています。

そのような海で泳ぐことにより心臓麻痺や筋肉の痙攣で溺れる人が多くなるということも挙げられます。

また普段水泳をやっていない方がお盆休みに久々に泳ぐ時に自分の泳ぎを過信してしまい予想以上に泳げなくなっていて溺れてしまうこともあります。

また潮の満ち引きとは別に潮の流れがあります。

砂浜に打ち寄せる流れと逆に砂浜から離れて行く流れがあり、離れていく方の波を離岸流といいます。

打ち寄せる波のところで泳いでいるうちはいいのですが、離岸流に入ってしまうと徐々に砂浜から沖へ流されていってしまいます。

このようなことから水難事故の犠牲者が出るので注意を促す意味で「霊に足を引っ張られる」という言われ方がされているのだと思います。

また今は少なくなってきていますがお盆の最後にご先祖様を送る行事として灯籠流しが行われていました。

灯籠流しとは火をともした灯籠をお盆のお供え物などと一緒に海や川に流すお盆の送り火の行事です。

この時に使う「ろうそくを立てる釘が付いた板」や「野菜人形の竹串など」が海の中に沈んでいたりして危なかったということもあります。

子供達にそのようなことにも注意をするように促すために「ご先祖さまに水の中に引き込まれないように気をつけるんだよ」と言われてきたのだと思います。

スポンサーリンク

お盆の海に出るクラゲとの関係は?

お盆の頃になると海でクラゲに刺される人が多くなります。

そのほとんどがアンドンクラゲによるものです。

クラゲの中でも強い遊泳力を持っていて黒潮に乗って日本の周りの海を北海道付近まで北上します。

発生期は6〜8月ですが大きく成長して人を刺すようになるのがちょうどお盆のころです。

お盆の頃の行燈に因んで名前が付いたとも言われています。

人が刺されると激痛を感じ、患部はミミズ腫れのようになる。

その激痛のためにパニックを起こし溺れてしまう方もいるかもしれません。

アンドンクラゲの体は透明で海の水に透けたように見えるためにパッと見てもその存在に気付きにくいクラゲです。

アンドンクラゲの多くの群れが押し寄せたために閉鎖されてしまう海水浴場もあります。

このようにお盆以降の海水浴を避けた方が良いと言われる理由の一つとしてアンドンクラゲの存在が挙げられます。

お盆の海の潮との関係は?

また海の潮との関係も考えられます。

海はとても大きいものです。

そのはるかかなたで台風が発生していることもあります。

時期的にも台風が多く発生します。

その荒れている波が遠く離れたお盆の頃の日本の海にまで影響が及ぶことがあります。

泳いでいる場所の天気が良くてもどこかで台風が発生しているときは注意しなければ大きな波が来る可能性があります。

またお盆は潮の満ち引きの差が大きい大潮があります。

太陽と月の間に挟まれてちょうど一直線上になったときに太陽と月の両方から引力に引っ張られて、動きがある海の部分に変化が起きて大潮になります。

干潮の時に泳いでいた場所が満潮になるに従って急に深くなって浅瀬に取り残される可能性もあります。

そしてパニックになって冷静な判断ができなくなり溺れてしまうのです。

泳ぎに自信がない方は余計に慌ててしまい溺れてしまいます。

まとめ

お盆の頃に海に入っても大丈夫だとは思います。

しかしクラゲや波など海には危険が多くあるということを頭に置き気をつけて海水浴を楽しみましょう。

またお盆にはご先祖様のお墓参りを忘れずに行いましょう。

ちゃんとお墓参りをしていれば海で危険なことがないようにお守りしてくれるかもしれません。

関連記事
お盆にお墓参りをするのはなぜなのか?いつ行くのかなどやり方について
お盆のお墓参りについてのマナーとは?手土産や行けない場合にはどうしたら?
お墓を掃除する方法とは?洗剤を使って黒ずみを落とすにはどうしたら?

スポンサーリンク

-季節の行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

節分の豆のまきかたは?後ろに投げるのはなんで?風水的にはどっちに?

今年一年の無事を願う節分。 豆をまいて悪いものを追い払い、良いものを招き入れる行事です。 豆のまき方も色々ありますが、全ては今年一年の無事を願うものです。 目次1 節分の豆の正しいまきかたは?2 節分 …

お墓を掃除する方法とは?洗剤を使って黒ずみを落とすにはどうしたら?

お盆にお墓参りをして亡くなった方を迎えに行きます。 スポンサーリンク その前に汚れてしまったお墓を掃除しますが、なかなか綺麗にならない汚れもあります。 そのようなときに簡単にお墓を綺麗にすることができ …

ひな祭りのケーキの‌飾りはどうする?作り方や通販で何を買うか?

ひな祭りのケーキを手作りされる方も多いと思います。 スポンサーリンク 手作りケーキの上に乗せる飾りによってケーキの出来栄えがかなり変わってきます。 「ケーキの上に乗せる飾りつけをどうするか?」 このよ …

うなぎの美味しい温め方とは?フライパンやレンジを使うやり方とは?

土用丑の日に美味しいうなぎを食べたい。 しかしうなぎ屋さんにはなかなか行けずにスーパーで買ってきたうなぎを食べることが多い。 スポンサーリンク うなぎ屋さんで食べるものとは違い、硬くてあまり美味しくな …

成人式の前撮りの流れはどんな感じ?また相場や注意点は何か?

成人式の時の振袖というのはとても綺麗で華やかですね。 スポンサーリンク 最近では前撮りをして振袖を着た姿を成人式の前に写真に残す方が増えています。 そこで前撮りをスムーズに終わらせるためにはどうすれば …

最近のコメント