手作り

梅干しの作り方で塩はどれくらい入れる?シソを入れるタイミングや天日干しについて

投稿日:


これからの季節には熱中症対策のためにも梅干しがあると便利です。

今年は自分で梅干し作りにチャレンジしてみたいと考えている。

しかし初めてなので上手く作れるか不安がある。

そのような方に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

梅干しの作り方で塩はどれくらい入れるのがいいのか?

梅干しを作るときにまず梅の中の水分を抜くために塩漬けにします。

また塩に漬けることで梅が長持ちするようになります。

なるべく完熟した梅を使うといいのですがお店で買う梅はまだ青いものがほとんどです。

そのようなときは2〜3日室内に置いておきます。

色が黄色に変わってきて梅の良い香りがしてきたところで梅の塩漬けを始めます。

使う塩の量は梅の量の2割です。

このときに使う塩は精製された塩ではなく天然の塩を使います。

まず梅を容器に並べてその上に塩を振り入れます。

その上にまた梅を並べて塩を振りいれます。

それを繰り返して全ての梅と塩を容器に入れます。

落し蓋をして重りを載せます。

それを台所の片隅に置いておきます。

何日かすると梅の水分が出てきます。

それが梅酢です。

2週間ほど漬けるとかなりの量の水分が出てくると思います。

梅干しの作り方でシソを入れるタイミングは?

梅干しといったら赤い色ですが、その赤い色を出すのに使うのが赤い色のシソです。

またシソには防腐作用があるので日持ちするようになります。

梅を塩漬けした時点で日持ちするようになりますがここでさらに日持ちするようになります。

そのシソはいつ入れたらいいのかわからない方もいると思います。

最初に梅を塩漬けして梅酢が十分に出てきたらシソを入れるタイミングです。

塩漬けしてから2週間後くらいが丁度いい頃合いです。

シソの量は梅の量の2割程使います。

そのシソですが梅と合わせる前に塩揉みをしてアクを出します。

そのときに使う塩の量はシソの2割です。

その手順はまずシソを茎からちぎって葉っぱだけにします。

茎の部分は使いません。

スポンサーリンク

そのシソを塩揉みするのですが、その際ジップロックの中に入れて揉むと手も汚れないのでいいかもしれません。

2回に分けて行うので半分の量の塩と一緒にジップロックの中に梅を入れて揉みます。

すると汁と泡が出てきますのでそれを取り除いて残りの塩を入れて再度揉みます。

そしてまた出てきた汁を捨てて塩漬けしたときに出てきた梅酢をコップ半分ほど入れます。

シソが綺麗な赤い色に変わりましたらシソの準備は完成です。

それを塩漬けした梅に投入します。

まず梅を漬けた容器から梅と梅酢を全て取り除きます。

そして再度梅だけを容器に入れます。

平らに並べて容器の底が見えなくなるように梅を入れます。

その上に先ほどのシソを平均に乗せます。

その上にまた梅を先ほどと同じように並べてその上にまたシソを乗せます。

それを繰り返して全ての梅とシソを容器に入れます。

最後に梅が隠れる程度に梅酢を戻し入れて完成です。

残った梅酢は料理などで使えますので別の容器に入れて取っておきましょう。

梅干しの作り方で天日干しについて

1週間ほどその状態にしておき梅雨が明けて晴天が続きそうな日を選び最後に天日干します。

大きなザルに平らに並べて三日三晩干して乾燥させます。

途中何度か表と裏をひっくり返して全体を均等に乾燥させるようにします。

梅を干して乾燥させることで味が凝縮し、水分がなくなるので日持ちするようになります。

とにかく梅が日持ちするような作業の繰り返しです。

そうすることで梅の味も凝縮されていきます。

天候によって梅の実のなり具合、赤いシソの出来具合、梅雨の明ける時期が異なりますので、おおよその期間ということでご参照ください。

まとめ

梅干し作りで大切なことはそれぞれのタイミングを計ることです。

最初に青い梅が黄色くなるまで待ち、次に塩漬けにして梅酢が出てくるのを待ち、赤シソを入れて色が付くのを待ち、最後に天日干しをして梅が乾燥するのを待ちます。

そのあと食するまで容器に入れておき熟成するのを待ちます。

3ヶ月ほど熟成させると程よい美味しさになっていると思います。

関連記事
干し柿の作り方のコツとは?カビが生えないようにしたり白い粉をふかせるには?

スポンサーリンク

-手作り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

干し柿の作り方のコツとは?カビが生えないようにしたり白い粉をふかせるには?

干し柿を何度か作ったことがあるがカビが生えてしまったり固くなりすぎて上手に作れなかった経験がある。 スポンサーリンク 今年そこは上手に干し柿を作れるようになりたい。 どうすればお店で売られているような …

最近のコメント