お月見

中秋の名月の時に団子を食べる意味とは?その数や飾り方について

投稿日:


中秋の名月といえば「月を見ながらお団子を食べるもの」というイメージがあります。

綺麗な月を見たくなるのは分かりますが、そのときになぜお団子を食べるのでしょうか?

なぜ中秋の名月にお団子を食べるのか気になっている方に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

中秋の名月の時に団子を食べる意味とは?

中秋の名月と言えばお団子ですが、なぜお団子を食べるようになったのか疑問に思ったことはないですか?

それは里芋の収穫と関係があります。

旧暦の8月15日は中秋の名月が見られますが、ちょうどその時期が里芋の収穫をする時期と重なります。

「今年もたくさんの収穫をありがとうございました」ということを感謝する風習がありました。

人が色々豊作になるように工夫をしても天候だけは操ることはできません。

作物が多く実るには天候の影響が多くあります。

人の力ではどうにもならないことを神様が調整してくれたということで神様に感謝しているのです。

それは今でも同じことです。

全く欠けていない満月というのは豊穣の象徴でした。

ですからその満月に祈りを捧げるという風習が始まったということです。

ではなぜそのときにお団子をお供えしていたのか?

初めは団子ではなくそのときに取れた里芋をお供えしていました。

お団子というのは米粉を使って作るのですが、昔はできたお米を調理することはありませんでした。

江戸時代はお米は作っていても自分たちが食べるためではなく年貢として納めるために作っていたからです。

それが徐々に自分たちが作ったお米を食べられるようになってきてお団子をお供えするように変わってきたのです。

豊穣の象徴である満月のようにまん丸なお団子を食べることでこれから先も豊穣を頂くというような意味合いがあり、今日のようなお月見があるのです。

中秋の名月の時に飾る団子の数とは?

お月見の時に団子をお供えしますが、何個の団子をお供えするのでしょうか?

イメージでは白い団子を何段か積み上げているイメージがあります。

その数には何か決まりがあるのでしょうか?

それともただ見た目の問題なのか?

このようにお団子の数は何個にした方がいいのか気になったことがある方がいるでしょう。

一説には12個や15個というのがあります。

豊穣の象徴である満月が一年に12回あるから12個飾る。

または十五夜だから15個という説です。

なぜ団子を積み上げるのでしょうか?

見た目は何となくピラミッドのような形になっています。

農作物の収穫に対してもピラミッドパワーを得ようとしているかのようです。

スポンサーリンク

実際に積み上げてみると1番安定するのは3段積み上げるとして1段目には3✖️3で9個。

2段目には2✖️2で4個。

1番上の段には1個の団子を積み上げるのが一番安定します。

すると団子の数は14個になります。

15個にするには1番上の段に2個置かないといけなくなります。

1番上が少し安定性に欠けますが、十五夜ということで15個にしているのかもしれません。

12個の場合にはかなり積み方が適当になってしまいます。

1段目に3✖️3で9個。

2段目には3個置くことになります。

1段目に9個置きましたが安定するところは4箇所あります。

そのうちの3箇所にだけ団子を置くことになりバランスがあまりよくないような気もします。

これといった決まりがあるわけではありませんが、より一層の豊穣を引き寄せるにはピラミッドに近い形の14個を積み上げることがいいように感じます。

中秋の名月の時の団子の飾り方は?

まずお団子を乗せる器はどうするのか?

それは三方(さんぽう)というお供え用の台に乗せます。

だいたいヒノキで作られています。

三方というのは周りに折敷(おしき)のついた四角いお盆が台の上に乗ったものです。折敷というのは食材が落ちないように付いている縁のことです。

この三方に白い紙を敷いてその上にお団子をのせます。

白い紙は半紙やコピー用紙などで大丈夫です。

あと一緒に飾るものはススキですが、これも元々は稲穂を置いていました。

それが徐々に稲穂に似ているススキに変わっていきました。

お団子とススキを両方飾りますが配置をどうするのか?

昔から右と左では左の方が格式の高いものでした。

ですから月から見て左側に収穫できたものを、そして右側にその収穫物を加工して作ったお団子という配置で並べます。

神様にこの収穫物を元にこんなに美味しいものを作ることができましたということを報告しているのではないでしょうか?

まとめ

お月見には実りの多い作物が取れたことに感謝の気持ちを表す風習があったのです。

食べ物がなくなっては生きていくことができません。

毎日食べるものがあることに感謝の気持ちを持ちたいですね。

スポンサーリンク

-お月見
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

和菓子をコンビニで買うときに気になるカロリーや添加物とは?おすすめのものは?

中秋の名月でお月見をするのにお団子を本格的にお供えすることはしないが、せめてお団子のような和菓子だけでも食べたいと思っている。 スポンサーリンク 最近はコンビニのお菓子も美味しくなっていると聞いたこと …

最近のコメント