暑さ対策

夏に寝るときのエアコンの使い方とは?扇風機やタイマーはどう使う?

投稿日:2018年7月27日 更新日:


夏に寝るときにエアコンはどのように使うのがいいのだろうか?

つけっぱなしだと体が冷えすぎて起きた時に体がだるくなってしまう。

タイマーを使ってエアコンを切ると切った途端に暑くて目が覚めてしまい寝不足になる。

どうすれば夏の夜を快適にすることができるのだろうか?

このようなことでお悩みの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

夏に寝るときのエアコンの使い方とは?

夏に寝るときにはエアコンが必須です。

しかしエアコンで体が冷えすぎてしまうと起床時のダルさや倦怠感につながってしまいます。

なぜだるくなってしまうかというと体の芯に熱がこもっているからです。

その熱のために体がダメージを受けてしまっているからです。

人は寝ている間にも汗をかきます。

それは寝ている間も体の中では食べたものを消化したり呼吸をしたりといった代謝が行われているからです。

その代謝の際に熱が発生しているのです。

汗をかくことによってその熱を外へ逃がそうとします。

その汗が蒸発するときに気化熱が奪われて体温を下げます。

そのときにあまり湿度が高ければかいた汗が蒸発しないので体温をうまく下げることができません。

ですから汗が蒸発するように湿度を下げてあげる必要があります。

湿気というのは温まった空気の中に溜まることができます。

エアコンで部屋を冷やすことにより部屋の温度が下がるので徐々に湿度も下がってきます。

湿度が下がることによりかいた汗が蒸発しやすくなるのですが、その肝心の汗をかけなくなってしまいます。

本来ならば体の熱を逃がすために汗をかいて体温を下げなければなりません。

しかし汗をかきたくても体の表面が冷たくなっていて汗腺も閉じているので汗をかきづらくなっているのです。

これを解消するために部屋の温度が下がりすぎる前に除湿機能を使います。

部屋の温度が下がりすぎてしまう前に湿度を下げておきます。

そうすることによりかいた汗が蒸発し、その際に体の熱を外へ逃がしてくれます。

このように除湿機能を使って部屋の湿度と温度を下げれば汗をかいたときに体温を下げてくれるようになり快適な睡眠をとることができるようになります。

また汗をかくからなるべく水分を取らないようにしている方もいますがそれは間違いです。

汗をかくということは体が体温を下げる必要があるからかいているのです。

水分を取っても体が熱くなければ汗はそれほど出ません。

また水分を取らないと汗もかきづらくなってしまいます。

スポンサーリンク

すると体温を下げることができなくなってしまい体調を崩すことになります。

夏に寝るときにエアコンと扇風機を使う意味は?

エアコンを付けると冷たい空気が出てきます。

その冷たい空気というのは部屋の下の方に溜まっていきます。

そして温かい空気は部屋の上の方に溜まります。

エアコンはだいたい壁の上に付いているのでセンサーが温かい空気に反応して部屋の温度を下げ過ぎてしまいます。

下で寝ている私たちは設定された温度よりも低い温度の中で睡眠をとることになってしまいます。

その2極化した部屋の空気を循環させる必要があります。

そこで扇風機を使います。

扇風機で部屋の空気を攪拌させれば設定温度通りに部屋を冷やすことができます。

ただし扇風機の風が直接体に当たらないように上向きにして首振りモードにしておきます。

風が体にずっと当たったままだと冷えすぎてしまいますし肌が乾燥してしまいます。

また寝ている間に扇風機を付けておいた方がいい理由がもう一つあります。

それは蚊に刺されにくくなることです。

蚊は無風状態ならばうまく飛ぶことができますが扇風機の風があるところではうまく飛ぶことができません。

そのため私たちの体まで到達することができなくなるのです。

扇風機で空気に流れを付けることでこのようにいいことが生まれてきます。

夏に寝るときにエアコンのタイマーをセットするには?

寝るときにエアコンをつけっぱなしにはせず、タイマーを使ってエアコンを切る設定にしている方もいます。

しかし、エアコンが切れてしまうと途端に部屋が暑くなり寝苦しくなって目を覚ましてしまうことがしばしばあります。

何度も目を覚ましてしまうので寝不足になります。

寝不足だと熱中症になりやすくなってしまいます。

そのため寝ている間はエアコンをつけっぱなしにしましょう。

冷えすぎてしまうことが心配だと思うのですが、その点は前章に書いたように除湿機能を使ったり扇風機を併用することで解消されます。

またつけっぱなしにしておいた方が電気代も節約されます。

タイマーを使うのは外出していて部屋にいないときです。

家に着く1時間くらい前にエアコンを付けるようにタイマーをセットしましょう。

そうすれば異常に暑くなってしまった空間に入らなければならなくなることもなくなります。

まとめ

エアコンを上手く利用すれば寝苦しい夜に気持ちよく眠ることができます。

寝るときは除湿モードにして設定温度は27〜28度くらいに設定しておくのが快眠のためにいいと思います。

そして風が直接体に当たらないように注意して、エアコンと扇風機をセットで使うことです。

スポンサーリンク

-暑さ対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペットボトルがエコクーラーになる原理とは?効果と作り方について

ペットボトルを使ったエコクーラーというものを聞いたことがある。 スポンサーリンク 電力を何も使わないで冷たい風が出てくるのだという。 どうして電力を使っていないのに冷たい風が出てくるのか? このように …

グリーンカーテンのネットの張り方とは?また固定の仕方や片付けについて

夏の暑さを和らげてくれるグリーンカーテン。 エコになると聞くし、うちでもやってみようと考えている。 スポンサーリンク しかし、実際にやろうと思うと細かいところでどうやったらいいのか分からないことがたく …

ペットボトルを使ったエコクーラーの実際の作り方とは?効果を実験してみた

前回の記事でペットボトルを使ったエコクーラーの原理と簡単に作り方をお伝えしました。 スポンサーリンク 今回は実際にエコクーラーを作ってその効果はどれくらいあるのかを実験してみたいと思います。 実際に作 …

朝顔でグリーンカーテンを作るときの種類選びは?スカスカにならないコツとは?

今年も朝顔でグリーンカーテンを作ろうと考えている。 去年は下の方の葉っぱが早く枯れてしまったり途中に隙間ができたりしてしまい上手く育てることができなかった。 スポンサーリンク 今年は上手く育ててリベン …

最近のコメント