季節の食材

さつまいもを食べるとおならが出るのはなぜか?臭いを止めることはできるのか?

投稿日:


さつまいもが大好きで秋が来るのが楽しみだ。

しかしさつまいもを食べて困るのがおならが出やすくなること。

なぜさつまいもを食べたときにおならが出やすくなるのだろうか?

また、おならを止めることはできないのだろうか?

このようなことをお考えの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

さつまいもを食べるとおならが出るのはなぜか?

焼き芋や天ぷらなどが大好きでよく食べるのですがおならが人前でも出そうになるので困ってしまう。

さつまいもを食べることでおならの出る回数が増えるのはなぜなのかと疑問に思ったことはありませんか?

そもそもおならの正体は何でしょうか?

おならとは腸内で発生したガスのことです。

主にこのガスは大腸内で腸内細菌によって内容物が分解されるときに発生します。

では何故さつまいもを食べたときに多くのおならが出るのでしょうか?

さつまいもに多く含まれている植物繊維がおならと関係があるといいます。

食物繊維というのは小腸内で消化する酵素が少なくそのまま大腸まで届きます。

そしてたくさんのものが大腸に届き大腸を刺激するので蠕動運動が活発になります。

蠕動運動が起きればその分腸内ガスも多く発生するのでおならがたくさん出ることになります。

しかしさつまいもでなくても植物繊維が豊富な野菜はあります。

なぜさつまいもを食べたときによりおならが出やすくなってしまうのでしょうか?

それはさつまいもにはより多くのおならを出すための成分が含まれているからです。

その成分はヤラピンです。

さつまいもをカットしたときに皮の近くから出てくる白い粘性のものをいいます。

この成分には便を柔らかくして腸の蠕動運動を促す働きがあります。

そしてこの成分は加熱してもその働きは弱まりません。

ですから焼き芋にしても天ぷらにしても食べれば腸の動きが良くなっておならが出るという訳です。

さつまいもを食べたときのおならの臭いは?

おならというのは臭いものと臭くないものがあります。

さつまいもを食べた後に出るおならの臭いはどうなのでしょうか?

案外あまり臭くないと思います。

それはなぜでしょうか?

おならの臭いはその人の腸内にいる細菌と関係があります。

腸内には様々な細菌がいますが乳酸菌などの善玉菌が分解したときにでるガスには臭いが少なく、ウェルシュ菌などの悪玉菌が分解したときにでるガスには臭いがあります。

スポンサーリンク

腸内細菌にはそれぞれの好みがあります。

善玉菌が好きなものはさつまいもなどの食物繊維です。

悪玉菌が好きなものは肉などの動物性たんぱく質です。

おならを出す前に食べたものがさつまいだけだったら臭いはありません。

しかし、さつまいもと一緒に肉やねぎ類、にんにく、にらなど硫黄分が多い食物を食べると臭いの強いおならが出てしまいます。

また内臓に異常があると臭いおならが出ます。

たまに臭いおならが出ても問題はないですが毎回臭いおならが出る場合には病院で検査が必要かもしれません。

また便秘気味の人は腸内で内容物が腐敗してしまうので臭いの強いガスがでます。

さつまいもを食べたあとのおならを止めることはできるのか?

さつまいもを食べてもおならが出ないようにできないのでしょうか?

もしそれが可能であれば人前でも気にせずさつまいもを食べることができるようになります。

そのような方法はないのでしょうか?

根本的におならが出ないように改善するには腸内細菌のバランスを整えることが必要です。

またよく噛んで食べるようにすれば食べたものが腸内に滞在する時間を短くすることができます。

そうすれば無駄なガスを発生させなくて済むようになります。

しかし考えてみてください。

おならが出るのを我慢する必要があるのでしょうか?

さつまいもを食べたときにだけ出るおならには臭いがないのです。

ですから臭いで気付かれることはありません。

あとはおならが出るときの音の問題です。

一度にたくさんの量のおならを出してしまうから音が大きくなってしまうのです。

おならを出すときには小さく少しずつ出すようにします。

おならを我慢することは体に悪いと思います。

必要がないものなので体の外へ出てくるのです。

ですからおならが出そうであれば、おならを止めるよりも積極的に出した方がいいと思います。

おならを少しずつ出すには肛門の力を抜いて出すようにします。

一度に出てしまわないように出す加減は腹筋で調節します。

肛門を閉めるとより高い音が出るようになるのでなるべく肛門を広げるようにすればおならが出たことに気付かれにくくなります。

まとめ

さつまいもなどの芋類は体にいい食べ物です。

食物繊維が多いので腸内細菌が喜ぶ食べ物です。

さつまいもを食べたときのおならは臭くないので少しずつ出せるようになれば、おならを出しても他の人に気付かれることはありません。
おならを我慢することは体に良くないので上手に排出できるように頑張りましょう。

スポンサーリンク

-季節の食材
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

つくしのレシピでまず上手な下処理の仕方とは?子供にも人気のものは?

身近に見ることのできるつくしですが、あまり食卓には上がらない食材かもしれません。 しかしつくしはふきのとうと同様に苦味が美味しい「春を感じさせてくれる」食材です。 ぜひ美味しくつくしを調理してみましょ …

自宅での焼き芋の作り方とは?電子レンジで簡単に作るには?

さつまいもを使って焼き芋を作りたいと思っている。 スポンサーリンク しかし作るのに時間がかかるようではお店で買ってきた方がいいかなと思ってしまう。 10分や20分くらいで美味しい焼き芋を作ることは出来 …

さつまいもを使ってダイエットをするのはなぜか?効果のある方法とは?

さつまいもを食べることでダイエットできると聞いたことがある。 スポンサーリンク 甘いさつまいもを食べることで本当にダイエットできるのか? さつまいもを食べることで体にどんな変化が起こるのか? このよう …

ふきのとうを使ったレシピで天ぷら以外なら?また簡単で洋風なものは?

ふきのとうは独特の苦さで春を感じさせてくれる山菜です。 この味を楽しみにしている方も多いと思います。 定番といえば天ぷらですが「天ぷら以外にふきのとうを使った料理を食べてみたい」とお思いの方に少しでも …

たけのこのアク抜きはなぜ必要なのか?米ぬかよりもっと簡単な方法

たけのこは好きだけれども自分で調理しなければならない場合、あく抜きはどうやったらいいのかよくわからない。 「出来るだけ美味しくたけのこをいただき春の味を堪能したい!」 「今年は自分でたけのこのあく抜き …

最近のコメント