七五三

七五三のお祝いのお返しは必要?親にはどうする?のしの書き方は?

投稿日:


七五三のお祝いを親に頂いた。
「自分の孫のためにあげたんだからお返しなんていらないよ!」
その言葉通りにお返しはあげなくてもいいのか?
それともそうは言われてもやはりお返しは必要なのか?
このようなことでお悩みの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

七五三のお祝いのお返しは必要なのか?

「我が子の七五三のときに頂いたお祝いに対してはお返しの必要はない」
このお返しの必要がないというのはどうしてなのでしょうか?
その理由は2つあります。
1つ目は当然ながらお祝いを頂いたお子さんはまだ働いていません。
そしてお祝いに対してお返しの品を購入することが出来ないということにあります。
しかし、ただお祝いを頂きっぱなしでは申し訳ないという気持ちでその親がお祝い返しをするという場合が増えています。

2つ目は七五三の後の食事会をお返しという形にさせてもらうからです。
七五三のお参りをした後は自宅やお店を予約して近くの親戚などを集めて七五三のお祝いをすることが多くあります。
招待された方は手ぶらで食事会に参加することはなく、お祝いを持ってきて食事会に参加すると思います。
そして、七五三の後の食事を振る舞うことによってお祝いを頂いたお返しにさせてもらいます。

また食事会に招待しなかった人にお祝いを頂くこともあると思います。
上記の理由でお返しは必要ありませんが、お返しをする場合はいただいた金額の3分の一から2分の一程度のものを送りましょう。
そして贈り物と一緒に七五三の時に撮影した写真を添えます。

また食事会は自宅で行うよりもどこかのお店を予約して外食にした方が後片付けをしなくて済みますので楽です。
前日や当日に食事の用意もする必要もなくなります。

食事会に招待してお祝いをいただいた方にはお返しは必要ありません。
しかし、この方たちにもお礼の手紙に添えて七五三の写真を一緒に贈ることによって感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。
その手紙も下手な字でもお子さんが自分で書いた手紙を送られれば相手は喜んでくれると思います。

お祝いをいただいた方へのお返しとしてカタログギフトを贈って相手に好きなものを選んでもらうという方法もあります。
しかしお年寄りにはあまり評価されていません。
カタログギフトは便利ですが贈り主の気持ちがこもっていないからかもしれません。
相手がどのようなものがいいのか考えて選んでくれたものの方が贈られて嬉しいのです。

スポンサーリンク

お返しをしないと世間知らずと思われる方もいるでしょうし、地域によってまたは家庭によってそれぞれ決まりのようなものがある所もあります。
そのような場合にはそれに従った方がその先上手くいくかもしれません。

七五三のお祝いのお返しで親からもらった場合はどうする?

あなたの親にとって七五三というのはお孫さんがすくすくと成長していることを実感できる行事です。
そのことを嬉しく思う気持ちでお祝いをしてくださるので、そのお祝いへのお返しは必要ありません。
親も孫にお祝いを贈ることをたのしみの1つにしているのです。
お返しをもらうことなど期待してはいません。
親の厚意に甘えてもいいと思います。

しかし、この場合にもお祝いに対してお返しの品は必要ないと思いますが子供の晴れ姿を収めた七五三の写真を贈ってあげましょう。
その写真にお礼の手紙を添えて贈ってあげれば親は満足してくれることでしょう。

七五三のお祝いのお返しののしはどう書くのか?

お返しを贈る際には品物に熨斗(のし)を付けます。

これがのしです。
のしというのはのし鮑(あわび)の略称です。
のし鮑というのは鮑を干して長く伸ばして作ります。
高級食材の鮑を使って作るのし鮑を「長く伸びるように」という気持ちを込めて贈り物に添えていたことがのしの始まりです。

贈り物の包み紙に熨斗を付けて何のおくりものなのか?誰からのおくりものなのか?を記入して贈り物を包みます。
熨斗の表書きは「内祝」とし、七五三を祝ったお子さんの名前にします。
お返しを贈るのは自分ですが祝っていだだいたのはお子さんだからです。

のしの水引は紅白の蝶結びにします。
水引(みずひき)とは贈答品の包み紙にかける紅白の帯紐のことです。
紐の結び方も色々ありますが七五三は子供の成長を祝うもので何度訪れていいものです。
そこで何度も簡単に結ぶことができる蝶結びの水引がふさわしいものになります。
本来は紐で結ばれているものですが簡素化されて水引のデザインが印刷されているものも多くなっています。

七五三のお祝いのお返しのまとめ

七五三のお祝いのお返しは必要ありませんが、感謝の気持ちを伝えることは必要です。
お子さんの七五三の晴れ姿を写真に収めてお祝いを頂いた方に贈って差し上げましょう。

スポンサーリンク

-七五三
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

最近のコメント