DIY

DIYするときにホゾを使って部材同士を組み合わせるやり方

投稿日:2017年9月24日 更新日:

DIYに慣れてくると「もっと本格的にやってみたい」と思う方も出てくると思います。

例えば縁台を作るときの束と大引きを接合するときには始めはそのままの長さでカットして

L字金物などで接合するのがいいと思います。

慣れてない方にはホゾを使って大引きと束を接合することは難しいと思いますが、

DIYにも慣れてきて「もっと本格的にやってみたい」と思い始めた方に向けて

ホゾを使った接合の仕方を分かりやすく説明したいと思います。

例としてこのような感じのものを作ってみたいと思います。

このような感じのものを作ります。①



材料は家に置いてあったものを使って作りながら説明します。

材質は米ヒバという黄色い、いい匂いのしているものを使いました。

材料の大きさは適当ですので、それぞれに合った大きさに決めてください。

スポンサーリンク

大引き(束のささるところ)の墨付け

先ずは大引きの墨付けをします。

大引きに束が入るところを加工していくためのものです。

最初に差し金を使って材料い面に対して直角の線を鉛筆で引きます。➁


次にこの線をろ面にも引いていきます。③



そして最初に墨を付けた面と反対側のはの面にも同じ墨を引いていきます。
束の幅で平衡の線を引きます。④



墨を付けている手前のところに材料が加工しているのが見えますがこれは無視してください。

次に材料の芯の墨を出していきます。

芯とは材料の幅の中心のことです。

ここで毛引きという道具を使います。⑤



これが毛引きという道具です。

これを使うことにより墨付け作業が楽にそして正確になります。

今墨付けをしている材料の幅が70ミリですので、中心は材料のはじから35ミリのところになります。

毛引きの金具を緩めます。⑥


毛引きの側面から35ミリ刃を出して固定します。⑦


い面、は面に毛引きを使って刃の跡を付けます。⑧

毛引きを使って材料に傷をつけるような感じになります。


この毛引きで印をつけたところに差し金を当てホゾが入る墨を付けます。⑨


ホゾの幅は30ミリにします。

差し金の幅は15ミリなので毛引きの線の上下に差し金を当てて線を引けばちょうど30ミリのホゾが入る墨を付けることができます。

次にホゾの幅を墨付けします。ここでは60ミリとしました。

まず束の中心(芯)の墨を付けそこから30ミリずつ左右に長さを取り墨付けします。⑩


い面、は面に同じように墨を付けます。

大引きにホゾが入るところを開ける作業

次にホゾの入るところを開ける作業ですが木工用ドリルを使って開けていきます。⑪


写真は直径18ミリの木工用ドリルです。

ホゾの入るところの幅が30ミリなので30ミリのドリルを使った方が効率的かと感じますが、30ミリですとインパクトドライバーに簡単に取り付けが出来ないのと、こちらの方が操作性がいいので初心者の方にはこれくらいの大きさのドリルがいいと思います。

いきなり材料に入るところを開けようとするとバリバリッとなって材料が傷ついてしまうことがあるのでまずドリルで開ける墨にノミで印をつけていきます。⑫


軽く線上をノミの刃を当てるとこのようになります。⑬


このようにしておくことでドリルで穴を開けたときにバリバリッとなってホゾが入るところを開けるところ以外に傷が及ぶことを防ぐことが出来ます。

ドリルでホゾが入るところを開けていきます。⑭


下まで貫通させるのではなく、だいたい真ん中までドリルで開けます。⑮


反対側からも同じ要領で開けます。

こうしてドリルで開けておくことでホゾが入るところを開ける作業が楽になります。

この作業をノミだけで開けるにはかなりの時間がかかってしまいます。

ノミを使って加工をしていきます。⑯⑰



このようにホゾが入るところを開けることが出来ました。⑱


束の墨付け

次に束を加工していきます。

大引きの高さが85ミリなので端から85ミリのところに墨を引きます。⑲


この切り墨は4面全てにつけます。⑳


ホゾはこのようになります。㉑


ホゾの厚みは30ミリにするのですが、その墨をまず付けていきます。

毛引きを使って芯墨を付けます。

束の幅が70ミリなので35ミリに毛引きを合わせ線を引きます。㉒

スポンサーリンク


反対側と小口にも芯墨を付けます。㉓


先ほどと同じように差し金を使いホゾの厚みを墨します。㉔


反対側と小口にも同じように墨を付けます。㉕


束をのこぎりでカットする

のこぎりで墨通りに切っていきます。㉖


のこぎりは替え刃式のものなのですが、たて・よこ・ななめを切ることが出来るものがあります。㉗


のこぎりというのはたて引き用、よこ引き用のものがあります。

たて引き用というのは木の繊維を縦に切っていくもので、よこ引き用というのは木の繊維を横に切っていくものです。

しかし、両方切れるノコギリがあるのでこちらを使用すると便利です。

小口面と両方の墨を見ながらのこぎりを引いていきます。㉘


のこぎりは引いたときに切れます。押すときはあまり力を入れないようにしましょう。

またのこぎりの刃の一部を使ってチョコチョコ切るのではなく刃の全体を使う感じで大きく動かすようにすると上手く早く切ることが出来ます。

慣れないうちは難しいと思います。

縦を切り終えたら今度は横からのこぎりを入れます。㉙


反対側も同じように切っていきますとこのようになります。㉚


次にホゾの幅の墨を付けます。

毛引きを使い芯を墨します。㉛


ホゾ幅は60ミリなので芯墨から30ミリずつ図って墨を付けます。㉜


幅の墨をのこぎりで切っていきます。㉝


横も切っていきます。㉞


反対側も同じ要領で切るとこのようになります。㉟


ホゾは入りやすいように面を取ります。面を取るとは角を少し削ることです。

ここではペーパーを使っています。㊱

ここで1つ細工をします。

何をするかというとホゾに切り込みを入れてその切込みにくさびを入れることによって

ホゾを入れたときに絶対に抜けることがないような仕掛けを作ります。㊲


このように墨を引きます。㊳


寸法はだいたいで結構です。

のこぎりを入れます。㊴


大引きと束を接合させる

大引きに束を入れます。㊵㊶


くさびは先ほどのこぎりで切り落とした部材を使って作ります。㊷


先を鉋で削り尖らせます。㊸


このようにくさびの完成です。㊹


先ほど切り込みを入れたところにくさびを打っていきます。㊺


両方少し入れてから打ち込めることろまでげんのうで叩いていきます。㊻

あまり片方を入れすぎると2つ目のくさびが入りにくくなってしまいます。


入りきらなかったところはのこぎりで切り落とします。㊼


このようになります。㊽


一か所ホゾを入れることが出来ました。㊾


スポンサーリンク

-DIY
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DIYで使う前に鉋(かんな)を調整するやり方

だいたいの材料は製材したままの状態で売られていることはなく、ある程度鉋はかけてあると思うので、自分で鉋をかけて仕上げをしなくても大丈夫だと思います。 しかし、もう少し鉋をかけたいと思った場合、先ずは鉋 …

DIYで作った縁台を塗装する

以前DIYで木製の縁台を作りました。 縁台とは家の外に置いてある休息や夏場の夕涼みなどに用いられる腰かけのことです。 自分で塗装もしたのですが、それからだいぶ時間が経ってしまい踏板も外れているところが …

アクセサリーをハンドメイドするための作り方で初心者の場合には?ピアスを作るコツは?

前回の記事の内容はアクセサリーをハンドメイドするときに初心者が考えることについてでした。 スポンサーリンク 今回は実際に簡単なアクセサリーを作る手順を詳しく伝えていきます。 アクセサリーのハンドメイド …

DIYで縁台を作るときの作り方【前編】

以前どのようにしてこの縁台を作ったのか、簡単に説明します。 縁台を作るときの設計と材料を運搬するときの仕方と注意点 最初に大きさを決定します。 掃き出しの所に付けると思うのですが、先ずはそこの高さをス …

アクセサリーをハンドメイドするための作り方で初心者向けの簡単なものや道具について

もともと物作りが好きで最近アクセサリーをハンドメイドしたいと考えるようになった。 スポンサーリンク 上手くできたらネットなどで販売してみたいとも思っている。 しかし何から始めたらいいのか全く分からない …

最近のコメント