節分

節分で巻き寿司はいつからか?その由来や食べる時の向きと献立

投稿日:2017年10月11日 更新日:

関東に住んでいるものからすると、節分には豆を蒔いて鬼を追い払うことが一般的だったのが、いつのまにか巻き寿司も食べるようになっていた。
と感じている方が多いと思います。
節分に巻き寿司を食べるようになったのはいつからなのでしょうか?
なぜ節分に巻き寿司を食べるようになったのか?という疑問にお答えしていこうと思います。

<!--more-->

節分で巻き寿司を食べるようになったのはいつからか?その由来は?

節分とは一年に4回ある季節の変わり目のことで、季節の変わり目というのは体調を崩し風邪を引いたりする方が多くなります。
その風邪などの悪い物を鬼に見立てて、それを追い払って健康(福)を一家に招き入れようとする行事です。
最近、節分に巻き寿司を食べることも一般的になってきましたが、太い巻き寿司を鬼の金棒に見立て、それを食べてやっつけようというものです。
鬼を豆を投げて追い払うか、食べてやっつけるかの違いです。

鬼が何であんなに小さい豆を投げるだけで逃げてしまうのかという疑問も湧いてはきますがσ(^_^;)

そもそもの始まりは諸説ありますが江戸時代末期に大阪商人が商売繁盛の為の祈願事として始めたとされていると考えられています。

それが今日までの間に徐々に変わっていった。
この時期は商業的にも売上が落ちる時期です。
そこで販売促進の為に大阪鮓商組合や大阪海苔問屋協同組合、コンビニエンスストアなどを中心となって広げていったということです。

節分で巻き寿司を食べる時の向きなど正しい作法について

巻き寿司を食べるときは決まった方角を向いて食べると言われています。
その方角というのが恵方です。
恵方というのは歳徳神(としとくじん、とんどさん)という神様がいる方角のようです。

よくカレンダーの表面などに描かれているので見たことがある人もいるかもしれません。
普通、神様というのはどこかの神社にいるものですが、この神様はあっちにいったり、こっちにいったりしている神様なのです。
その年によっていらっしゃる方角が変わります。
日本全国の人が同じ方向を見なければならないということは、日本国内ではなく外国にいるのかもしれません。

スポンサーリンク

この神様のいる方角を見ながら巻き寿司を食べると良いらしいのです。
ちなみに2018年の方角は南南東になります。

食べ方も色々言われています。
・言葉を発せずに最後まで一気に食べきらないといけない
・目を閉じて食べないといけない
・笑いながら食べないといけない
など。
しかし、これは後からイベントとして楽しむためにこうやって食べたら面白いんじゃないかということで言われているんだと思います。

節分で巻き寿司以外の献立はどうするのがいいのか?

恵方巻きには
・かんぴょう
・きゅうり
・伊達巻
・鰻
・桜でんぶ
・シイタケ煮
などが主に入っていて、
焼き紅鮭、かまぼこ(カニ風味かまぼこ)、高野豆腐、しそ(大葉)、三つ葉(ほうれん草)、しょうが、菜の花、ニンジンなどを入れているところもあります。

栄養のバランス的には結構いい食べ物だと思います。
炭水化物、タンパク質、野菜も入っています。
一気に食べないといけないなどど言われていますので、喉が詰まった時の為にやはり汁物が一つあった方がいいですね。
巻き寿司は冷たいのでお腹を温める為にも温かいスープ系の物があればいいと思います。

まとめ

節分というのは家内の災いを追いやるというものです。
災いを鬼に見立てて行っているものです。
金棒(巻き寿司)を食べただけでは鬼の武器を処分(食べる)しただけなので、本体の鬼をやっつけるためには豆を投げて追い払った方がいいかもしれませんね。

関連記事です。
巻き寿司の巻き方の簡単な方法は?また細巻きや切ったとき花にするには?

スポンサーリンク

-節分
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

節分にいわしとヒイラギを飾る由来とは?また飾り方やいつまで飾るのか?

節分には玄関先にいわしの頭とヒイラギを飾るのが節分の風習です。 しかし何故この2つのものを飾るのか、曖昧な方に少しでもお役に立てれば幸いです。 目次1 節分にいわしとひいらぎを飾る由来について2 節分 …

巻き寿司の巻き方の簡単な方法は?また細巻きや切ったとき花にするには?

節分の時に恵方巻きを食べることもだいぶ一般的になってきました。 皆さんは節分の時に食べる巻き寿司はどうされていますか? お店で購入する方もいると思いますが、ご自分で作ってみようかと思っている方に少しで …

恵方巻きの具材の7種とは?またその意味やおすすめのネタは?

恵方巻きというのは関西から伝わってきたものですが、最近では関東でも多くの方が食べるようになってきました。 スポンサーリンク 節分には当たり前のように店頭に並ぶようになった恵方巻き。 恵方巻きについて少 …

最近のコメント