風邪

風邪の時に薬は効かない?その効果と頼らないで治す方法

投稿日:2017年10月21日 更新日:


外が乾燥してくるこの時期、風邪を引く人が増えてきます。

電車の中にも咳をしたり鼻水をすする音があちらこちらで聞こえてきます。

早く風邪を治そうと風邪薬を飲む方が多いと思います。

しかし、風邪を引いたときに風邪薬を飲むことは風邪を治すことになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

風邪を引いたときに薬を飲んでも効かないのはなぜか?

「風邪薬を飲んでもあまり効かない」のは何故なのでしょう。。

その前にまずは風邪について簡単に説明します。

風邪の原因の90%はウイルスです。

ライノウイルスやRSウイルスが主な原因です。

また風邪には2種類あります。

風邪症候群と急性気管支炎です。

何が違うかというと風邪のウイルスが体のどこまで侵入しているかによって呼び方が違ってきます。

ウイルスが上気道まで侵入した場合は風邪症候群、ウイルスが声門を越えて気管支まで侵入した場合を急性気管支炎と呼びます。

熱が38度を超えた場合はウイルスが声門を越えて侵入したことになります。

また咳をしたときに一緒に痰が出てきている場合もウイルスが声門を越えている目安になります。

いずれも風邪が進行してしまっていることを示します。

風邪の原因はウイルスなのですがこれをやっつける薬はありません。

あるウイルスに効く薬を開発してもその薬が製品化してそれを飲むころにはそのウイルスは進化して違うものになっているからです。

最初のウイルスにとってはすでに効かない状態になってしまっているからなのです。

ウイルスは常に進化しているのです。

ですのでそのウイルスをやっつける薬の開発が追い付いていないのです。

しかもウイルスの種類はたくさんあります。

そのウイルスがそれぞれ常に進化しているのでそれぞれのウイルスに効く薬を次々と作っていくことは困難です。

ですので薬を飲んで風邪が治ったと感じているのであればそれはウイルスにとってマイナス要因が重なって自然治癒力が働いて治っていただけなのかもしれません。

以上のことから風邪を治してくれる薬はないということです。

ですので風邪を引いてしまったときに薬が効かないということはよくあることになります。

ちなみに風邪と同じような症状が出る病気に肺炎があります。

しかし肺炎の原因は風邪とは違います。

肺炎の場合はウイルスではなく一番多いのは肺炎球菌です。

ウイルスではなく細菌になります。

この場合には抗生物質で細菌を殺さないと治りません。

風邪を引いたときに薬を飲むことに効果はあるのか?

では風邪を引いてしまったときに風邪薬を飲むことには意味がないのでしょうか?

しかし、そうとばかりも言えません。

スポンサーリンク

風邪のウイルスをやっつける効果はないのですが、一時的に風邪の症状を抑えることは出来ます。

症状が長く続くことにより体力が低下して免疫力も落ちてしまいます。

薬を飲むことはその症状を押させてくれている間に体力を回復させる時間稼ぎをしてくれていることになります。

しかし風邪を治してくれるのは最終的には自然治癒力になります。

風邪を引いたときには色々な症状が出ますがその症状には意味があります。

熱は体の中のウイルスを倒すために上がります。

白血球の働きも体温が高いと活発になるのです。

咳も器官のウイルスを外に追い出そうとしています。

鼻水も外からのウイルスの侵入を防ぐ現象です。

これらの症状には意味があるのですが、あまりにもその症状が辛いと体力が低下してしまってかえって風邪の治りが遅くなってしまいます。

このようなときに症状を少し和らげる効果があるので風邪薬を飲むことは大事だと思います。

風邪の症状を一時的にでも和らげ体力が回復することで自分の力でウイルスをやっつける手助けをしてくれます。

風邪を引いたときに薬に頼らないで治す方法は?

頼らないでと書きましたが、症状が辛い時には少しは飲んでもいいと思います。

プラスして行った方がいいことがあります。

それは頭を冷やすことです。

体の中で一番大事なところが脳です。

脳が体の司令塔となって色々な命令を出して体を動かしているのです。

その司令塔がやられてしまっては体の機能が正常に働かなくなってしまいます。

ですので頭だけはしっかり冷やして脳が正常に働く状態にしてあげることが大事になります。

また寝ているときにマスクをつけた方が風邪を早く治すことになります。

マスクをすることは口腔内の乾燥を防ぐことになります。

風邪を引いているときは鼻が詰まり、口呼吸になりがちです。

すると口の中が乾燥してしまうのです。

口腔内が乾燥してしまうと口腔内にいるマクロファージなどの免疫細胞が活発に働かなくなってしまいます。

ですので口腔内を乾燥させないためにマスクをすることは薬に頼らないで風邪を治すことになると思います。

まとめ

風邪を引くと体が辛いですよね。

誰も好きで風邪を引くわけではないですが、風邪を引くということは体の免疫力が低下していたのかもしれません。

ゆっくりと体を休めることが免疫力を高め風邪を早く治すことに繋がります。

関連記事

風邪は電車の中でうつるのか?対策としてのマスクや予防する方法について

風邪の時お粥を食べる理由は?美味しい食べ方とお粥以外なら何を食べる?

風邪のひきはじめののどの痛みへの対策は?葛根湯や食べ物について

スポンサーリンク

-風邪
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

風邪を予防するのにいい対策とは?また食事やサプリについて

外気が乾燥してくるこの時期。 スポンサーリンク 風邪を引きやすくなっています。 未然に風邪を予防するような対策はないのでしょうか。 スポンサーリンク

風邪の時お粥を食べる理由は?美味しい食べ方とお粥以外なら何を食べる?

風邪をひいたときに食べるものと言えばお粥です。 お粥が好きではない方にとってお粥を美味しく食べられるように工夫することは出来ないのか? またお粥以外で栄養があって消化の良いものはないのでしょうか? & …

風邪のひきはじめののどの痛みへの対策は?葛根湯や食べ物について

これからの時期、外はますます乾燥して風邪を引きやすくなっています。 スポンサーリンク 風邪を引いてしまうことは誰でもあることですが、年末は忙しく風邪をひいて寝込んでいる暇などありません。 なるべく早く …

子供が風邪でも元気なときの理想の過ごし方は?外出と食事は?

保育園の子供が風邪を引いてしまった。 熱は下がったので元気にはなっている。 スポンサーリンク でもまだ完全には治りきっていない。 家の中で養生するのがいいと思うのだが子供は外で遊びたがっている。 こん …

風邪は電車の中でうつるのか?対策としてのマスクや予防する方法について

満員電車の中でゴホンゴホンとやっている人がいると自分に風邪がうつされないだろうかと心配になります。 スポンサーリンク またそういう人に限ってマスクをしていなかったりします。 自分で自分の身を守るために …

最近のコメント