体のお悩み

花粉症の対策はいつからした方がいいか?マスク以外や食べ物では

投稿日:


花粉症に悩まれている方にとっては今の症状がなくなればどんなに気持ちがすっきりすることでしょう。

少しでも花粉症の症状を楽にする方法はないのか。

花粉症の症状に悩む方にとって少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

花粉症の対策はいつからした方がいいのか?

一般的に関東や九州では1月下旬から、関西では2月上旬から杉の花粉が飛び始めます。

花粉症であることが分かっている場合には花粉が飛び始める2週間前からの対策が効果的です。

というのは1度症状を発症させてしまうと鼻の粘膜がやられて抵抗力が弱くなってしまいます。

するとほんの少しの花粉でも症状が出てしまいやすく、また他のアレルゲンにも反応しやすくなってしまいます。

ですのでアレルゲンである花粉が飛び始める前に抗ヒスタミン剤の服用を開始して対処することが重要になります。

このように早めに対処することを「初期療法」と言います。

花粉症になってしまった場合はこの初期療法が大事です。

日本は南北に長く地域によって、またその年によっても花粉の飛ぶ時期が変わってきますので、テレビや新聞などの花粉情報をこまめに注意して早めに対策を打ちましょう。

お医者様によっては「症状が出てからでないと治療できない」というところもありますが、予防的に早めに処方箋を出してくれるところもあります。

花粉症の対策でマスク以外で何か効果があるものはないか?

対策としてはマスクをすることが挙げられますが、職場によってはマスクを付けられないところもあると思います。

そこでマスクをつけること以外で花粉症の症状を軽くする方法をお伝えいたします。

まず衣類についてしまった花粉を落とすための方法です。

外出時に衣類についてしまった花粉を落とすのに効果的なのが「ブロアー」という機械です。

聞いたことがない方が多いと思いますが、よく植木屋さんが刈り取った細かい葉っぱなどを掃除するときに使っている道具です。

電気の力で強い風を起こして落ち葉を一気に飛ばしてくれるものです。

ホームセンターなどで売っています。

これを帰宅時に家の外で衣類に吹きかければ衣類についてしまっている花粉をすべて飛ばしてくれると思います。

ここで注意することはかなり強い風が出ますので鼓膜に長時間当てつづけると鼓膜が破れてしまう恐れもありますので注意が必要です。

次に花粉を体になるべく付けないように気を付けることです。

外出時にはなるべく花粉を寄せ付けないものを身に着けるようにしましょう。

表面が滑りやすい上着、帽子などを身に着けておくとブロアーを吹きかけたときも簡単に花粉を飛ばすことが出来ます。

そしてお風呂に入り頭を洗い髪の毛についた花粉を落として、部屋には空気清浄機を付け花粉を吸い取ってもらいます。

布団を外に干すと花粉が付いてしまうので花粉が飛ぶ時期は外には干さずに布団乾燥機で湿気を飛ばすことも1つの方法です。

また外出するときに鼻の中にワセリンを綿棒で塗ると花粉が中まで入らずにワセリンにくっつき、花粉が体の中に入ることを防いでくれます。

スポンサーリンク

花粉症の対策として食べ物でいいものはあるか?

花粉症を改善させるのに効果的な食べ物はないのでしょうか。

「清潔志向」へ変わった弊害

そもそも花粉症などのアレルギーが増えてきたのは1960年代半ばから1970年代にかけてです。

そのころ急激に変わったことと言えば社会が急激に「清潔志向」へと変わっていったことです。

結核や寄生虫感染者を減らすために社会が急激に綺麗好きになってしまったのです。

それと同時に花粉症、アトピー、気管支ぜんそくなどのアレルギーを発症する人が増えました。

人間の体に免疫を付けていた細菌類を一方的に追い出してしまったことが花粉症が増えてきた原因です。

また人間が口にする食べ物も変わっていきました。

農薬を大量に使って虫がつかないようにしたり、食品添加物が大量に入ったものを食べる機会が増えました。

その結果、人間の腸内にいた細菌も少なくなってしまったのです。

腸内細菌の善玉菌を優位にする

花粉などのアレルゲンは人間の体にとっては異物になります。

それを排除しようとして鼻水や咳などの花粉症の症状が出てきます。

それは体を守るために必要な反応なのですがこの反応が過剰になってしまったのが花粉症などのアレルギー反応です。

体に入ってきた異物を排除することが免疫になります。

この免疫機能が正常に働かなくなってくるとアレルギー反応が出てきます。

免疫細胞の7割近くが腸に集中しています。

そして腸の中の善玉菌優位の状態の時に免疫機能を正常に働かせることが出来るのです。

ですので腸の中の腸内細菌を整えることがアレルギー症状を抑えることになります。

それをどのようにして整えるかというと食べ物で整えることが出来ます。

善玉菌を優位にしてくれる食べ物は味噌や納豆などの発酵食品です。

昔の食事には味噌汁、納豆、漬物などの発酵食品が多くありました。

それが徐々にパン食が増えてきたことによって発酵食品を取る量が減っていき、代わりに動物性タンパク質を多く取るようになっていきました。

この動物性タンパク質は悪玉菌の大好物なのです。

その為、腸内の細菌のバランスが善玉菌優位の状態から悪玉菌優位の状態になりアレルギー体質の人が増えていったのです。

アレルギー体質を改善するためには腸内細菌のバランスを悪玉菌優位の状態から善玉菌優位の状態に戻してあげればいいということになります。

その為には昔のように発酵食品を多く食べるようにすればいいということになります。

また腸内細菌は他の菌が入ってくることで、より刺激され働きが活発になります。

納豆に納豆菌、味噌には麹菌、ぬか漬け、チーズには乳酸菌、ヨーグルトにはビフィズス菌がいます。

これらの発酵食品を普段から多く取るように心がければ徐々に腸内細菌のバランスが良くなりアレルギー症状も緩和されてくるようになります。

まとめ

花粉症の人にとっては花粉が飛び始める時期になると本当に辛いですね。

少しでも症状を緩和させるために対策を早めにとって毎日の食事にも気を付けるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

-体のお悩み
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

靴の臭いを消す方法とは?重曹やドクダミの効果は?

暑くなってくると靴の臭いが気になるという方も多いのではないでしょうか? そんな方は人前で靴を脱ぐことが心配です。 スポンサーリンク 脱ぐと自分の靴や足の臭いが他の人に気づかれてしまうかもしれないからで …

巻き爪を予防するために何をしたらいいのか?爪の切り方や靴選びについて

足の爪が少し巻き爪になりかけている。 もっと巻き爪が進行したら手術をして治さなければならなくなってしまうかもしれない。 スポンサーリンク 今のうちにこれ以上巻き爪を進行させないようにするためにはどうす …

巻き爪の治し方で自分でできる矯正とは?コットンやテーピングの使い方は?

巻き爪になっているので歩く時に痛みがありつらい。 歩くと痛いので外出もなるべくなら控えたいと思ってしまう。 スポンサーリンク 今も巻き爪が徐々に進行している気もする。 しかし病院に行くことは痛い治療が …

肩こりを治す方法とは?またマッサージや姿勢との関係は?

デスクワークなど同じ姿勢で長時間仕事をしていると肩がコリコリになって辛くなってしまう。 スポンサーリンク たまにマッサージ屋さんにいってほぐしてもらうけれどもまたすぐに凝ってきてしまう。 肩こりは治ら …

巻き爪の原因となる靴とは?歩き方や水虫との関係について

足の親指の爪がだんだんと巻き爪になっている。 歩く時に痛みがあるので、自然とそれをかばうような歩き方になってしまっている。 スポンサーリンク そのせいか足や腰など他の部分にも痛みや違和感が出てきてしま …

最近のコメント