冬のお悩み

窓の結露を防止する対策は?効果があることや洗剤はどうなのか?

投稿日:


朝は結露によって水滴が窓にたくさん溜まっていることがあります。

お気に入りのカーテンにもカビが生えてきたりして健康にも良くないと感じている人もいるでしょう。

そんな結露を防ぐためにはどうしたらいいのでしょう。

<!--more-->

窓の結露を防止する対策としてすべきことは?

窓の結露を防止するための対策としては2つの考え方があります。

1つ目は室内の湿度を下げることです。
部屋に除湿機を置いて部屋の湿気を吸い取ってもらいます。

しかしずっと付けっぱなしでは電気代の事が心配になります。

それならばトイレや台所の換気扇を付けっぱなしにして部屋のドアも少し開けておきましょう。

換気扇の方が電気代があまりかからないかもしれません。

そうすることで家の中にある水分をたくさん含んだ空気を外に出すことができます。

しかし、あまり乾燥していると喉が痛くなったり風邪をひきやすくなるためにあまりお勧めではありません。

2つ目は窓の表面温度を上げることです。
特に冬場は外気が冷たく窓はその影響で冷たくなっています。

反対に部屋の中は空気が暖かい状態になっています。

暖かい空気には水分をたくさんキープすることが出来るのです。

その水分をたくさん含んだ部屋の空気が冷たい窓に当たることによって冷やされた時に空気中に含みきれなくなった水分が窓にくっ付いて結露になってしまいます。

ですので、部屋の水分をたくさん含んだ空気が窓に当たっても冷やされないように窓自体を冷たくない状態にしてあげればいいのです。

窓の結露を防止する効果があること

では窓を温かくするためにはどうすればいいのか?

温風ヒーターを窓に当てるという方法もあると思います。

スポンサーリンク

しかし電気代も気になりますし、カーテンをしているとしたら温風がずっと当たり続けることによってカーテンが熱くなって火事になったりしないか心配ですよね。

そこで扇風機を使いましょう。

扇風機の風を窓の方に当てて部屋の暖かい空気で窓を温めてあげるのです。

カーテンと窓の間に風が入っていくように扇風機を置いてスイッチを入れます。

カーテンが揺れてしまいますがそれは我慢しましょう。

こうすることによって室内の暖かい空気が循環し窓に当たることによって窓がある程度温かくなって結露がしにくくなっていきます。

カーテンをしていないのなら温風ヒーターを窓に向けて付けてもみてもいいと思います。

このようにすれば窓が温かくなります。

そして部屋の温かい空気が窓に触れて冷やされるという事が起こらなくなり結露がしにくくなります。

ぜひ試してみてください。

窓の結露を防止するために洗剤をつけることは?

窓の結露を防止するために洗剤を水で薄めたもので窓を拭いていくという方法もありますよね。

洗剤に入った界面活性剤を利用して窓表面に水滴が付かないようにするというものです。

しかし、あまり効果が感じられないという方もいらっしゃいます。

そうであるならば窓だけではなく窓枠の方にも付けてみるといいと思います。

窓枠の方も窓と同じように結露が起こります。

または薄める濃度をもっと濃くして付けてみてください。

油汚れに強い洗剤であれば界面活性剤の効果がより強くなります。

まとめ

窓の結露でお悩みの方はこれらの方法を試してみてください。

あとたまには部屋の空気を入れ替えることも必要です。

部屋の中の二酸化炭素を排出して外の酸素との入れ替えをしましょう。

頭もスッキリさせれば結露を防止するためのもっといい方法が見つかるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

-冬のお悩み
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

最近のコメント