体のお悩み

子供の花粉症で目のかゆみがあるときは何科?食事と対策について

投稿日:


子供の花粉症の症状を何とかしたいと考えているかたが多くいると思います。

子供が辛い症状を訴えているのは自分に症状が出ているときよりも辛いですよね。

子供の辛い花粉症の症状を少しでも楽にさせたいと考えている方にお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
  

子供の花粉症で目のかゆみがあるときは何科に行けばいいのか?

子供に花粉症の症状が出ているときにまず何科に行けばいいのか迷う方もいると思います。

花粉症には目のかゆみ、鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、咳など色々な症状があります。

先ずはかかりつけの小児科があるならそこで診てもらうといいでしょう。

もしかしたらその症状は花粉症ではないかもしれません。

または一番症状がひどく出ている場所で判断するのがいいと思います。

目のかゆみなどが出ていたら眼科、鼻水や鼻詰まりでお悩みなら耳鼻科、皮膚炎などが出ているなら皮膚科で診ていただいた方がいいです。

当然詳しく専門的に見てもらうことが出来ます。

いくつも病院を回る場合には抗アレルギー薬など薬が重複してしまうかもしれないので、次のところへ行く場合には今飲んでいる薬を伝えたほうがいいでしょう。

また何が原因で花粉症の症状が出ているかわからないのでアレルギー検査をしてもらった方がいいです。

アレルゲンにもいろいろあるのでしっかり検査をしてもらった方が安心です。

その症状に対して色々な薬が出されると思いますが、内服の薬は効果が出るまでに2週間ほど時間がかかります。

来年からは早めに飲んだ方が重症化しないで済むようになります。

子供が花粉症の時に食事で気を付けることは?

子供が花粉症になってしまった場合に何を食べたら症状が緩和するのでしょう。

このことを考える前にそもそもなぜそのような症状が出てきてしまうのでしょうか。

これを考えずに毎日の食事をしていたのでは、いつになっても症状がよくならずにその時々の症状に対処するだけとなってしまいます。

まず基本的は考え方をしっかりと頭に入れておきましょう。

菌がアレルギーを抑える?

BCGという言葉をご存知ですよね。

結核の予防の為にうつワクチンのことです。

これはどういうものかというと人に対して害のなくなった結核菌を体内に入れることにより、人間の体の中に結核に対する免疫を付けるというものです。

この結果、結核にかかる人の割合は急激に減っていきました。

しかしそれと引き換えに花粉症などのアレルギー症状を訴える人が増えてきたのです。

このことからわかるように結核菌などの菌がアレルギー症状を抑えてくれていたのです。

しかし人間の体の中にも結核菌と同じようにアレルギー症状を抑えてくれるものがあります。

それが腸内細菌です。

ですので花粉症などのアレルギー症状を抑えるためには体の中の腸内細菌を増やしてあげればいいことになります。

その為にはどうすればいいかというと今の食事を変えてあげることで可能になります。

腸内細菌は他の菌が体の中に入ってくることにより刺激され、その活動が活発になるという性質があります。

食べ物の中で菌がたくさん入っているものと言えば発酵食品です。

納豆には納豆菌、味噌には麹菌、ぬか漬けやチーズには乳酸菌、ヨーグルトにはビフィズス菌が入っています。

スポンサーリンク

これらの食品を食べることにより体の中の腸内細菌が活発になりアレルギー症状を抑える働きが強くなります。

ですからこれらの食材を毎日の食事に取り入れていきましょう。

また腸内細菌は水溶性の食物繊維を好みます。

どういう食材に水溶性食物繊維が多いかというと海藻類、豆類、エシャレット、ニンニク、ゴボウ、キャベツ、アボガド、梅干し、こんにゃくなどに多く含まれています。

また納豆、めかぶ、オクラ、モロヘイヤ、山芋、里芋などのネバネバ食品にも多く含まれています。

これらのものを使った料理をCOOKPADなどで調べて子供に食べさせることで腸内細菌が多くなっていきます。

そして徐々にアレルギー症状が治まってくるようになると思います。

アナフィラキシーショック

また免疫力が低下することにより症状が出るのだから、わざとそのアレルゲンを体内に入れて免疫力を付けようとする方がいらっしゃいます。

しかし、そのようなことを自己判断でするのは絶対に止めましょう。

アナフィラキシーショックという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、アレルゲンを急に体内に入れたために呼吸困難などの重篤な症状が出てしまうことです。

生命にかかわりますので安易にこのようなことをするのは止めましょう。

興味がある方は医師の指導の下で行った方がいいです。

子供の花粉症の対策として薬以外で何かいいものはないか?

なるべくだったら薬以外でこの症状が治ったらいいと思いますよね。

その前になぜ花粉症のような過剰な免疫反応が起こるのかについて考えてみましょう。

人の体というのは自分の意志で動かすことが出来ますが、寝ている間も自分の意志とは関係なく体は無意識に動いています。

この調整をしているのが交感神経と副交感神経からなる自律神経です。

日中は体を活発に動かすために交感神経が優位になっています。

逆に寝ている間は副交感神経が優位になって体を管理しています。

副交感神経が優位になっているときは体がリラックスしているときです。

正常なレベルで副交感神経がリラックスしている分にはいいのですが、あまりにもリラックスしすぎると体の調子が悪くなります。

あまりにも副交感神経が優位になり過ぎると免疫機能が正常に働かなくなってしまい、様々な刺激に過敏になってしまいます。

運動が不足している、食べ過ぎている、甘いものが好き、メリハリのない生活などをしているとリラックス過剰の要因になります。

普段の生活を見直して「何でも楽な方へ」という習慣から抜け出し、心と体を鍛えましょう。

どうするかというと運動が足りないのであれば運動です。

最近はゲームなどで室内で遊ぶ子供が多いと思います。

花粉が多く飛んでいるときは屋外に出られませんが、屋内でも運動は出来ます。

また食事を食べ過ぎない、好きなものばかり食べない、先ほどお伝えした食材を意識して食べてみる、甘いものは控える、また子供が要求したものを何でも与えてしまうことはダメです。

少しは我慢させることが花粉症の症状を緩和させることに繋がります。

しかし一気に変えていくことは子供にとってかえってストレスになります。

ストレスも免疫力の低下を招きますので徐々にこのような生活に変えていく方がいいと思います。

何事もバランスが大事なのです。

まとめ

お子さんが辛い症状でいるのは見ていて辛いですね。

一気に変えなくてもいいので出来るところから少しずつ変えてみましょう。

花粉症の症状も少しずつ緩和されてくるはずです。

スポンサーリンク

-体のお悩み
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

肩こりを治す方法とは?またマッサージや姿勢との関係は?

デスクワークなど同じ姿勢で長時間仕事をしていると肩がコリコリになって辛くなってしまう。 スポンサーリンク たまにマッサージ屋さんにいってほぐしてもらうけれどもまたすぐに凝ってきてしまう。 肩こりは治ら …

紫外線アレルギーに日焼け止めの効果は?効かない時やそれ以外の対処法とは?

太陽の光を浴びることにより体に発疹などの症状が出てしまう方がいます。 紫外線アレルギーの方は体が紫外線に対して過剰に反応してしまっているのです。 スポンサーリンク 対策として日焼け止めを塗っているがあ …

肩こりをストレッチで解消するには?おすすめや椅子に座ったまま出来るものは?

肩こり対策にストレッチをしている方も多いと思います。 今やっているストレッチで肩こりが楽になっていますか? 正しく出来ていないとあまりストレッチ効果は出てきません。 ストレッチで少しでも肩こりを治した …

水虫の症状の特徴とは?進行するとどうなる?また似ている疾患について

水虫になっている方は夏になると足のかゆみに悩まされていることでしょう。 スポンサーリンク 水虫になってしまったら早めに治療しないと慢性化して治りも遅くなります。 毎年足のかゆみに悩まされている方に少し …

水虫を治療する時の薬や注意点とは?酢を付けると効果があるのか?

水虫は治ったと思っても毎年症状が出てきてしまうことが多いです。 今年こそは水虫を治したいとお考えの方に少しでもお役に立てれば幸いです。 目次1 水虫を治療する為の薬とは?2 水虫を治療する際の注意点と …

最近のコメント