引越し

自転車を処分する方法は?防犯登録はどうする?費用はいくらかかる?

投稿日:


引越しの際にはなるべく引越しの荷物を少なくしたいと考えている方もいると思います。

整理したい荷物の中にもう乗らなくなった自転車をいれている方もいるでしょう。

そんな方に少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

自転車を処分するときにはどんな方法があるのか?

各市町村の粗大ごみとして処分する方法

いらなくなった自転車を処分するのに一番確実なのは各市町村の粗大ごみとして出すことです。

市町村によって金額や受付方法は若干違うかもしれませんが、だいたいこのような流れになっています。

まず、粗大ごみの受付センターで受付をします。

収集を頼むのか、それとも持ち込みなのかを伝えます。

インターネットでも受け付けをしているところが多いです。

次に粗大ごみ処理券を購入します。

各市町村内のコンビニなどの「有料ゴミ処理券取扱所」で販売しています。

その粗大ごみ処理券に申し込み者の氏名(または受付番号)と収集日を記入して自転車の目立つところに貼っておきます。

そして予約した日の朝8時までに粗大ごみ処理券を貼った自転車を申し込み時に指定した場所に出しておきます。

そして自転車を引き取りに来て持って行ってもらう。

だいたいこのような流れになると思います。

各市町村によって多少違うかもしれませんので各市町村のホームページなどで確認してください。

自転車屋で引き取ってもらう

サイクルベースあさひという自転車屋では古い自転車を引き取ってくれます。

しかし各市町村の場合の粗大ごみと違い、自転車を引き取ってもらうには自分でサイクルベースあさひに持っていかないとなりません。

ちなみに軽トラックの無料貸し出しをしているので一度店舗に行って軽トラックを借りてくれば軽トラックで自転車を運ぶことも出来ます。

サイクルベースあさひだけではなく他のチェーン店などでも引き受けてくれるところが多いと思います。

自宅近くの大きめの自転車屋さんに電話して引き取ってもらえるかを確認してから自転車を持っていくといいでしょう。

ドン・キホーテでの下取り

総合ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」ではなんと500円で乗らない自転車を下取りしてくれます。

しかし新しい自転車を購入する場合に限られます。

古い自転車を処分して新しい自転車を購入する場合にはいいかもしれません。

自転車を処分するときに防犯登録はどうしたらいいのか?

自転車を利用するためには法律により「自転車防犯登録」をすることが義務づけられています。

今お使いの自転車にも防犯登録のシールが貼られていると思います。

スポンサーリンク

自転車を処分するときにはこの防犯登録の抹消手続きをしなければなりません。

しかしこの防犯登録の有効期限は10年間です。

10年を過ぎますとその登録情報は抹消されてしまいます。

ですので購入してから10年が経過した自転車ではその防犯登録情報も無効になっていますからあえて防犯登録の抹消手続きをすることも必要なくなります。

購入後まだ10年が経過していない自転車の場合には最寄りの防犯登録協会(警察署の生活安全課)か防犯登録の取扱をしている自転車屋で防犯登録の抹消手続きをすることが出来ます。

しかし、10年経過していない自転車でも抹消手続きをしていなくても粗大ごみとして持って行ってくれるところが多いです。

自転車屋さんなどに引き取ってもらう時にも特に抹消手続きをしていなくても問題ないようです。

というのもこの防犯登録というのは自分の自転車が盗難被害にあったときに取り戻しやすくなるというだけのものだからです。

自転車を処分するときの費用はいくらかるのか?

粗大ごみとして家まで回収に来てもらう場合には16インチ未満の場合には400円、16インチ以上の場合には800円前後かかります。

電動自転車の場合は1200円かかります。

自転車を粗大ごみ置き場まで持ち込んだ場合には半額になります。

この数字は各自治体によっていくらか差があるかもしれません。

電話で問い合わせるか各自治体のホームページを見て確認しましょう。

粗大ごみ置き場まで遠くなく、かつ時間がある場合には持ち込みの方がいいかもしれません。

リサイクルショップなどでも不要な自転車を引き取ってくれるところもありますが、あまりにぼろい物だと引き取りを拒否されることもあります。

ですので各市町村に粗大ごみとして引き取ってもらう方が確実です。

自転車屋のサイクルベースあさひでは1080円かかります。

引き取りはなく持ち込みのみとなります。

しかし新しい自転車を購入するのであれば引き取り料は半額になります。

ドン・キホーテの場合は新しい自転車購入時に限りますが、古い自転車を500円で逆に引き取ってくれます。

次の自転車を購入される方にとっては一番お得かもしれません。

自転車を処分する前の防犯登録の抹消手続きには費用は掛かりません。

まとめ

引越しの時に自転車を処分する方も多いと思います。

もう自転車を購入しない場合とまた新たに自転車を購入する場合とで状況が異なります。

自分の状況に応じて上手な自転車の処分方法を考えましょう。

関連記事です。
引越しで冷蔵庫を運ぶ時の注意点は?電源はいつ切る?また入れるタイミングは?
引越しする時の挨拶はどこまで回る?いつ行って何を持っていく?

スポンサーリンク

-引越し
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピアノを運ぶ引越しの注意点は?トラブルを防ぎ安く上げるには?

引越しをするときに大変なのが大きさもあり重量もあるピアノを運ぶことです。 引越し業者に頼んで上手く運んでくれるのか? 専門の業者に頼んだ方がいいのか? このようなことでお悩みの方に役立つ情報になれば幸 …

引越しする時の挨拶はどこまで回る?いつ行って何を持っていく?

賃貸マンションに家族で引越しをすることになった。 その際、挨拶はどこに住んでいる方にまでするのがいいのでしょうか? また、挨拶に行くタイミングや何か粗品を持って行くとしたら何を持っていくのがいいのでし …

引越しの準備の荷造りはいつから行う?コツや必要な手続きについて

引越しは年中するものではないので何をどうしたらいいのか迷うこともあるかと思います。 スポンサーリンク スムーズに引越しを終わらせるためには何をどういう順番でしたらいいのかを頭に入れておくことが大事にな …

一人暮らしに必要なもので最低限これだけあればというものは?家電や家具では

一人暮らしを始めることによって何でも自分のペースで生活をすることができるようになります。 一人暮らしを始めるときに生活に必要なものを揃えていかないとなりません。 そのときにどのようなことを考えて新生活 …

家具を処分する時に粗大ごみになるのは?捨てる方法や費用について

引越しの時に処分したいと思った家具。 スポンサーリンク どうやって処分したらいいのか悩んでいる方に少しでもお役に立てれば幸いです。 スポンサーリンク

最近のコメント