引越し

引越しの準備の荷造りはいつから行う?コツや必要な手続きについて

投稿日:


引越しは年中するものではないので何をどうしたらいいのか迷うこともあるかと思います。

スムーズに引越しを終わらせるためには何をどういう順番でしたらいいのかを頭に入れておくことが大事になると思います。

スポンサーリンク
  

引越しの準備の荷造りはいつからした方がいいのか?

引越しをするときに荷物をダンボール箱などに入れて運びます。

荷物の量にもよりますが、荷物を整理することが得意な人は一日で出来る方もいるかもしれません。

ですが整理することが苦手な人はかなり時間がかかってしまいます。

荷物を早くまとめるのに大事なことは荷物をまとめる前に荷物をなるべく少なくしておくことです。

普段から必要ないものを整理しているような方はいいのですが、荷物を整理することが苦手な方ほど、普段から周りのものを整理できていない人が多いと思います。

引越しが決まった時点でいらないものをどんどん捨てていくことを始めた方がいいと思います。

またいらないものをゴミとして出さなくてはならないのですが一度にゴミ置き場にゴミを出してしまうとクレームになってしまうかもしれません。

燃えるゴミの日、燃えないゴミの日、資源ごみの日などを忘れないように頭に入れ少しずつ確実に捨てていきましょう。

また粗大ごみなどがあるときには各市町村に収集の依頼をしたり自分で粗大ごみセンターに粗大ごみを持っていかなくてはなりません。

事前に申し込みが必要ですので窓口で問い合わせるかインターネットで申し込みをして処分するようにしましょう。

また引越し先の寸法もある程度測っておかないといけません。

今使っている家具がその部屋に入る大きさなのか分からないからです。

入らないとなると新しく家具を購入しなければならなくなりさらに時間がかかります。

ダンボールに詰める荷造りは3週間ほど前から始めるのがいいかもしれません。

引越し当日まで頻繁に使うものは入れずにあまり使わないけれども必要なものから荷造りしていきます。

季節外れの衣類などを最初に入れていくといいでしょう。

あまり早く入れすぎるとまたダンボールから出したりしなければならずに二度手間になってしまいますから気を付けましょう。

引越しの準備するためのコツはないか?

引越しの日取りが決まったら用意するもの/h3>
ダンボール、新聞紙、油性マジック、エアキャップ、ゴミ袋、ビニールひも、軍手(手のひらにボツボツが付いているもの)、ガムテープ、はさみ、カッター、雑巾などを用意しておきます。

ダンボールは近所のスーパーなどで譲り受けることも出来ますが、なければホームセンターや宅配業者の営業所などでも手に入ります。

ダンボール箱に荷物を入れる前にしておくこと

荷造りをしてみると大量のダンボールになってしまうと思います。

引越し先でどの段ボール箱に何が入っているのかを探すのに時間がかかってしまいます。

それを防ぐためにしなければならないことがあります。

それは新居の図面を手に入れて場所ごとに番号をふっていくことです。

そしてどこに何を入れるのかを考えておきます。

例えば1番はリビングに置くもの、2番は台所に置くもの、3番は寝室に置くものというように番号を大きく書いておきます。

そしてリビングに置くものをダンボール箱に詰めた箱には1番とマジックで書いておきます。

また中に何が入っているかも書いておきます。

そうすることで引越しが終わり荷物を整理するときに何をどこにしまうのかが一目で分かります。

引越し当日は引越し先に番号の書いておる図面を入り口に貼っておきましょう。

スポンサーリンク

そしてダンボール箱を番号通りに部屋ごとに入れてもらうように引っ越し屋さんに頼んでおけばスムーズに搬入も終わります。

引越しの日はいざ引越しが始まってしまうと急に慌ただしくなるものです。

いちいち作業員の方に荷物をどこに置いてもらうかなど指示する余裕がないかもしれません。

荷物を見てパッと分かるようにしておけばスムーズに引越しが進みます。

またダンボール箱を片付けるときもダンボールの移動も必要ないですし何が入っているかも分かりますのでより片づけやすくなります。

荷造りのコツ/h3>
ダンボール箱を用意するときにサイズの大きいものばかりではなく小さいサイズのダンボールも用意しておきましょう。

それほど重さがないものはいいのですが書籍や書類などは大きいダンボールに入れてしまうと重くて持ち上げるのが大変になってしまいます。

引っ越し屋さんは慣れているので大丈夫かもしれませんが後で少しダンボールを動かしたいと思ったときにあまりにも重たくて腰を痛めてしまうかもしれません。

ですので書籍など重量のあるものは小さなダンボールに入れて荷造りをしておきましょう。

また食器類は割れやすいので一枚ずつ新聞紙にくるんで養生をしないといけません。

ダンボールに入れるときも平積みではなく縦にして入れるとより割れにくくなります。

また隙間にも新聞紙を丸めて入れ動かないようにしておきましょう。

引越しの準備のために必要な手続きはあるか?

引越しが決まったらするべきことは荷造りや引越し業者を決めることだけではありません。

電気、ガス、水道、電話などが使えるようにそれぞれ連絡をしておかなくてはなりません。

新しく使えるようにするときに立ち合いが必要になることがあります。

業者の都合もあるでしょうが出来れば一日ですべてを終わらせるように段取りを済ませられれば何日も会社を休まなくてもよくなります。

早めに電話して都合の良い日を相手に伝えましょう。

また引っ越すにあたり住民票の移動もしなくてはなりません。

役所に行って転出届を出し、引越し先の役所に引越し後に転入届を出します。

運転免許証やクレジットカードの住所変更もしなくてはなりません。

また引越しをした後に旧住所宛に郵便物が届くことがあります。

その場合には郵便局に転送届を出しておくと一年間は旧住所に届けられた郵便物を新しい住所宛に転送してくれます。

今現在定期的に送られてくるものをチェックして連絡忘れがないかどうかを確認しましょう。

引越しまでにやっておかなくてはならないことはこのようにたくさんあります。

忘れないように専用の手帳などに予定を記入しておき、今日は何をしなければならないかを頭に入れておくようにしましょう。

うっかり忘れていて引越し後の生活に支障が出ないように注意しましょう。

まとめ

引越しはかなり労力を使います。

前もってしっかりと準備することにより体の負担を減らしましょう。

引越し前も大変ですが引っ越した後の荷物の整理もかなり時間がかかります。

少しでも楽に終わらせるようにいらないものは捨てたり、ダンボールの振り分けも箱に番号を書くことによって効率よく行いましょう。

関連記事です。
ピアノを運ぶ引越しの注意点は?トラブルを防ぎ安く上げるには?
自転車を処分する方法は?防犯登録はどうする?費用はいくらかかる?
引越しで冷蔵庫を運ぶ時の注意点は?電源はいつ切る?また入れるタイミングは?
引越しする時の挨拶はどこまで回る?いつ行って何を持っていく?

スポンサーリンク

-引越し
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

引越しする時の挨拶はどこまで回る?いつ行って何を持っていく?

賃貸マンションに家族で引越しをすることになった。 その際、挨拶はどこに住んでいる方にまでするのがいいのでしょうか? また、挨拶に行くタイミングや何か粗品を持って行くとしたら何を持っていくのがいいのでし …

一人暮らしに必要なもので最低限これだけあればというものは?家電や家具では

一人暮らしを始めることによって何でも自分のペースで生活をすることができるようになります。 一人暮らしを始めるときに生活に必要なものを揃えていかないとなりません。 そのときにどのようなことを考えて新生活 …

ピアノを運ぶ引越しの注意点は?トラブルを防ぎ安く上げるには?

引越しをするときに大変なのが大きさもあり重量もあるピアノを運ぶことです。 引越し業者に頼んで上手く運んでくれるのか? 専門の業者に頼んだ方がいいのか? このようなことでお悩みの方に役立つ情報になれば幸 …

家具を処分する時に粗大ごみになるのは?捨てる方法や費用について

引越しの時に処分したいと思った家具。 スポンサーリンク どうやって処分したらいいのか悩んでいる方に少しでもお役に立てれば幸いです。 スポンサーリンク

自転車を処分する方法は?防犯登録はどうする?費用はいくらかかる?

引越しの際にはなるべく引越しの荷物を少なくしたいと考えている方もいると思います。 スポンサーリンク 整理したい荷物の中にもう乗らなくなった自転車をいれている方もいるでしょう。 そんな方に少しでもお役に …

最近のコメント